NEW

JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち

【この記事のキーワード】, ,

JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっちの画像1

 先週末のヴィクトリアマイル(G1)は、昨秋からのスランプを脱却したソダシが復活勝利。ファンから絶大な人気を誇る白毛のアイドルは、これからのマイル戦線で中心的な存在へと名乗りを上げた。

 これに対し、何とも不完全燃焼な結果に終わったのが、川田将雅騎手とのコンビで1番人気に支持されていたレイパパレ。スタート直後に躓き、あわや落馬かと思われるシーンからリカバーして好位に取りついたものの、これといった見せ場すら作れずに12着に大敗してしまった。

 ネットの掲示板やSNSなどでは、本命に指名した馬が不可解な敗戦を続ける霜降り明星・粗品の友達ことマイ億君の呪いという声も一部で出ていたが、荒れに荒れている今年のG1を考えると、ある意味妥当な結果だったようにも感じられる。

 なぜなら、今年のG1で大本命に推されたエフフォーリアをはじめ、1番人気馬が不思議なことにまったく勝てていないからである。敗戦の理由は何かしらありそうなものだが、相手は言葉を話せない馬だけにはっきりとした原因は分からない。

「凡走条件」に当て嵌まるのはどっち

 よく分からないけれども、とにもかくにも勝てないという現実だけが目の前にあるのだ。

 以下は、今年のG1で人気を裏切った1番人気馬の一覧。

レース名、1番人気馬の成績
フェブラリーS レッドルゼル(6着)
高松宮記念 レシステンシア(6着)
大阪杯 エフフォーリア(9着)
桜花賞 ナミュール(10着)
皐月賞 ドウデュース(3着)
天皇賞・春 ディープボンド(2着)
NHKマイルC セリフォス(4着)
ヴィクトリアマイル レイパパレ(12着)

 ここまで8つのG1開催が終了しながら、1番人気はすでに8連敗中。馬券圏内も皐月賞のドウデュース3着、天皇賞・春のディープボンド2着がある程度で、いいところなく惨敗するケースも珍しくない。

 だから何なのかと言われるとそれまでだが、さすがにここまで敗戦が続くと気にせずにはいられなくなるのも事実。少なくともサイン馬券よりは現実味があるだろう。

JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっちの画像2
サークルオブライフ

 ちなみに『netkeiba.com』が公開しているオークスの単勝予想オッズでは、サークルオブライフが1番人気でアートハウスが2番人気となっている(16日現在)。このままの人気で当日を迎えるようなら、サークルオブライフの1着はないということになるが……。

 二度あることは三度あるどころか、8度も続くこのジンクス。オークスで終止符が打たれるのか、それともまだまだ継続するのか。レース直前までしっかりと各馬の人気に注目したい。

(文=黒井零)

<著者プロフィール>
 1993年有馬記念トウカイテイオー奇跡の復活に感動し、競馬にハマってはや30年近く。主な活動はSNSでのデータ分析と競馬に関する情報の発信。専門はWIN5で2011年の初回から皆勤で攻略に挑んでいる。得意としているのは独自の予想理論で穴馬を狙い撃つスタイル。危険な人気馬探しに余念がない著者が目指すのはWIN5長者。

JRAレイパパレも「8番目」の被害者に…M.デムーロ、川田将雅も打つ手なし!? オークス(G1)「凡走条件」に当て嵌まるのはどっちのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!