NEW

JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状

【この記事のキーワード】, ,
JRAアーモンドアイ×モーリス「15冠ベビー」を超える超大物!? 武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たちの冴えない現状の画像1
アーモンドアイ

 有限会社シルクレーシングの発表によると、アーモンドアイモーリスの仔を受胎したことが15日に分かった。

 2018年、2020年に年度代表馬に選出された母は、現役時代に史上最多となる芝G1・9勝を挙げた名牝。このまま来春を迎えるようなら、G1を6勝した父モーリスと合わせて「15冠ベビー」が誕生することとなる。

 今年1月に出産したエピファネイア産駒の初仔に続き、2番仔もまた無事に生まれてくることを多くのファンが祈っているはずだ。G1を複数勝利した父母による「ベスト×ベスト」を思わせる配合には、競馬の夢とロマンが詰まっているだけに、大きな注目を集めることになりそうだ。

 とはいえ、血統的な背景の期待通りに大物が誕生する例は多くない。

JRAアーモンドアイ×モーリス「15冠ベビー」を超える超大物!? 武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たちの冴えない現状の画像2
アカイトリノムスメ 撮影:Ruriko.I

 先日引退が発表されたアカイトリノムスメは、父が7冠馬ディープインパクト、母が牝馬三冠プラスG1を2勝した5冠馬アパパネで「12冠ベビー」としても有名だった。昨年の秋華賞(G1)を優勝したレアな成功例といえるだろう。

 こちらについては、セリで落札された馬が金額に見合わない成績に終わることと、何となく似ているかもしれない。

 そこで、過去に話題となり「大物ベビー」といわれた馬を振り返ったところ、多彩な顔触れが揃っていたので紹介したい。

 まず、アーモンドアイ×モーリスの15冠を上回る16冠ベビーだったのは、2017年のオークス馬ソウルスターリングだ。父は欧州でG1・10勝を挙げたフランケル、母はG1・6勝を挙げたスタセリタという超豪華な配合。母の現役時代に騎乗経験のあるC.ルメール騎手にとっては、愛着のある血統馬でもあった。

 同じくフランケルを父に持つ17冠ベビーの母は、『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)でも再注目されている7冠馬ウオッカ。残念ながら重賞を勝つことは出来なかったが、引退後は超良血種牡馬として活躍を期待されている。

武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち

 そして、これらを超える18冠ベビーもいるのだが、なんと1頭だけでなく複数いるから驚きだ。

JRA武豊、金子真人オーナーも見誤った「18冠ベビー」たち…アーモンドアイ×モーリス「15冠」を超える大物の冴えない現状のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!