NEW

パチンコ店…年に数回「救急車のお世話」になる原因とは!?

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ店…年に数回「救急車のお世話」になる原因とは!?の画像2

 勤務していた同店では、音量と同じく最小な環境に保つようにしていました。そのために、全台の遊技機裏で調節していたのです。

 また、それを伝えるために什器で販促を作って知らせていました。一部のお客様から調整の要望はありましたが、大きなクレームへの発展はありませんでした。

 遊技機の光量によるてんかん発作にならないためには、次のようなことに気をつけるべきと考えます。

■打つ前に、遊技機にある光量を最小限まで調整する。
■遊技する時間をなるべく区切って、適度に休憩する。
■同じ液晶画面をずっと眺めることがないように、目線をたまにずらしてみる。

 これだけでもかなり防ぐことができます。それでも不安だったり、気分が優れないならば、ためらわずに従業員に伝えた方がいいでしょう。

 近年パチンコ店では、AEDを準備しているところが増えています。また、救命救急の講習を受けているところもあります。何も起きないことが理想ですが、無理をしないで遊技を楽しむことが大事と思います。

(文=四本コーヒー店.)
<筆者プロフィール>
 パチンコ好きが高じて異業種から転職し、長年パチンコ店の一般正社員としてホール現場を見てきた。単にパチンコを打つだけでなく、新規グランドオープンなどの市場調査やレトロ台探訪、のめり込み防止のための依存症考察など様々な遊技関連を日夜追っかけている変態パチンカー。そのため、大御所ライターや遊技機メーカーや周辺機器の幹部、他ホール法人の幹部などとの交流がある。ちなみに「四本」の読み仮名は(よんほん)ではなく(よつもと)である。

【注目記事】
甘デジ「右ALL1000発」で超爆裂を狙う!「10万発の野望」99回目に奇跡が起きるか!?
「歓楽街のパチンコ店」事情…スマートボール専門店も!
パチスロ実戦「設定1濃厚台で2連続完走」の爆裂‼ AT終了時の一部で突入する「逆転トリガー」の破壊力とは…

パチンコ店…年に数回「救急車のお世話」になる原因とは!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合