NEW

JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬

【この記事のキーワード】, ,
JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬の画像1
スターズオンアース

 22日、東京競馬場で行われる牝馬クラシックの第2弾となるオークス(G1)。桜の女王に輝いたのは、川田将雅騎手がコンビを組んだスターズオンアースだった。

 ただ、当時の阪神コースは、内外の有利不利が顕著な馬場状態。よほど力が抜けた馬でもないと、止まらない先行勢を差し切ることは難しい状況だったといえる。勿論、スターズオンアース自身の力があっての勝利ということに異論はないが、道中のロスを最小限に留めて馬群を抜けてきた川田騎手の好騎乗が目についた。

 桜花賞(G1)に臨むまでのレースで後塵を拝した馬が複数出走していたこともあり、当日は7番人気の伏兵評価。馬より騎手が目立った戴冠に、絶対女王のインパクトを感じられなかったのもやむなしだろう。

 マイル戦の前走から距離が一気に4ハロン延長する東京の芝2400mの舞台。出走する各馬の適性や得意不得意も顕著に表れそうな雰囲気である。

 だが、その前に桜花賞で外枠に入って敗れた上位人気馬たちの巻き返しも必至。1番人気で10着に大敗したナミュールは、鋭い末脚が武器の差し馬だけに、直線も長く広いコースに替わることは大歓迎となるはず。

 4着サークルオブライフも絶望的な位置取りに思える直線15番手から豪脚を繰り出した。11着に敗れたプレサージュリフトにしても、2月に行われた東京のクイーンC(G3)でスターズオンアースを差し切っており、不気味な存在となりそうだ。

 その一方、ここまで挙げた人気を裏切った馬たちが、揃いも揃って差し馬であることには注意したい。

 というのも、先週のヴィクトリアマイル(G1)で、各馬の騎手が消極策を採ったことにより、18番人気ローザノワールがアッと驚く激走を演じたばかりだからだ。

 マイル戦ということもあり、それなりにペースが流れると思われたが、芝1800mの重賞1勝をしているだけのローザノワールが楽々とハナを取り切れる展開だった。

 戦前に先行争いも予想された2番人気レシステンシアが、2番手に控えただけでなく、1番人気レイパパレも川田騎手としては弱気な3番手の追走。前者はハイペースが仇となった高松宮記念(G1)の教訓を生かしたと考えられ、後者はスタートで躓きながらリカバリーしたビハインドも大きかったか。

 そういう意味では、内の4番手につけたソダシにとって、何もかもがお膳立てをされた状況。最後の直線で3番人気ファインルージュが、クリノプレミアムに進路を塞がれる致命的な不利を受けたことも“幸運”だったといえる。

 前後半34秒7-34秒2という、G1レースにしては超スローの勝ち時計1分32秒2(良馬場)は、1分30秒5(ノームコア)、1分30秒6(アーモンドアイ)、1分31秒0(グランアレグリアと続いた過去3年から大きく見劣った。

「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬

 それぞれ馬場状態の違いはあったにせよ、G1馬が5頭も揃った割に物足りなさを感じた原因ではないだろうか。

JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!