NEW

JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないこと

オークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないことの画像1
7番人気で桜花賞を制したスターズオンアース

 今年の中央競馬は、例年以上に混迷を極める重賞戦線となっている。

 言葉で聞くだけではいま一つピンと来ないかもしれないが、年始からの傾向を振り返ると一目瞭然。1月5日の 中山金杯(G3)から2月19日の京都牝馬S(G3)まで1番人気馬が悉く敗れる異常事態が続いていたことは記憶に新しい。

 この間、1番人気馬が積み重ねた敗戦はなんと18連敗。各メディアでも触れられたように、苦戦の傾向に気付いたファンも多かっただろうが、なかなかの惨状だったといえる。

 アリーヴォが勝利した小倉大賞典(G3)でひとまず連敗がストップし、一旦は落ち着きを取り戻しつつあったが、3月後半からはG1の開催を狙い撃つかの如く、荒れに荒れる“春の嵐”が待っていた。

 8番人気ナランフレグが激走した高松宮記念(G1)は、3着に17番人気のキルロードが食い込んだこともあって、3連単は278万馬券の大波乱。ダノンスコーピオンが制したNHKマイルC(G1)にしても、1番人気のセリフォスが馬券圏外に敗れ、3着18番人気のカワキタレブリーが入って3連単の払戻しが153万馬券という有様だった。

 素人には手も足も出ない波乱続きとなった訳だが、対照的にその実力をいかんなく発揮したのは、『令和ケイバ』のプロ馬券師たちだ。彼らの最大の武器は、卓越した分析力と圧倒的な情報量。G1レースだけにこだわらず、我々の苦悩を嘲笑うかのように高配当的中を連発した快進撃ぶりは、一部のファンの間で話題になっているという。

 一体どうすれば、ここまで驚異的な実績を上げられるのか。その秘訣を探るべく、関係者にコンタクトを試みたところ、「少しだけなら」という条件付きでOKをもらうことが出来た。

「的中実績は多数ありますが、会員の皆様から大きな反響をいただいたのは、5月1日の東京2Rでしょうか。3連単で22万馬券の波乱となったレースを、500円の10点買い推奨なら100万円超えの払戻しに成功しています。決め手となったのは、雨で渋った馬場で開催されていたことです。レース展開も予想通りで会心の的中でしたね。

2着ロイズピーク、3着エレガントミッシーは、ザファクター産駒。日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、父は現役時代にオールウェザーの重賞も勝っているスピードタイプのため、力のいる良より脚抜きのいいダートが得意でした。産駒2頭のこれまでの脚の運びから、父の特徴が出ていることを把握できていましたので絶好の狙いどころだった訳です」(担当者)

 なるほど……、父の特徴や産駒のこれまでの走りなどまで詳細に把握した上での注目馬選定だけでなく、当日の天候や馬場状態まで見極めての的中だったということか。

オークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないことの画像2
川田将雅騎手は桜花賞馬ではなくアートハウスに騎乗する

 だが、驚くのはまだ早い。この日の『令和ケイバ』は、3連単15万馬券となった同日の東京4Rでも400円購入を推奨して61万超えのお宝馬券も的中していたという。

 12番人気で3着のフロスティグレイは、福永祐一騎手が騎乗した前走で凡走し、若手の野中悠太郎騎手への乗り替わりで人気薄に拍車を掛けたものの、激走して波乱を演出。担当者によると「福永騎手ではなく野中騎手だからこそ」狙えたとのこと。

 一般的にトップ騎手から経験で劣る若手騎手に乗り替わる場合は、評価を下げたくなるものだが、この馬の場合は過去2回の騎乗経験のある野中騎手と手が合っていると判断し、逆張りが成功したようだ。それもただの偶然ではなく、十分な精査を行うために多くの現場に出向いて、情報収集を続けていた成果が出たレースだったと担当者は断言している。

 また、『令和ケイバ』の凄さを痛感させられたのは、先述したような大波乱だけではなく、上位人気馬で決着した天皇賞・春(G1)も難なく的中させたことだ。これこそ彼らが本命党でも穴党でもなく、当たり馬券だけを狙い澄ます「プロ」といわれる所以だろう。

 狙ったレースであらゆるパターンを緻密に分析し、勝ち馬を選定する重要なミッションをクリアすることで、様々な結果に柔軟に対応することを実現しているのだ。

「ちなみに天皇賞・春で採用したのは、我々が独自に算出している能力指数です。事前予想の段階では、昨年の菊花賞馬 タイトルホルダーと昨年度の 2着馬ディープボンドが頭2つほど抜けている状態でした。中間の調教でも抜群の動きを確認しており、他馬に食い込む余地はないと判断しました。

我々からしたら“分かりきったレース”でしたし、3着にはテーオーロイヤルの他に落馬したシルヴァーソニックも候補に入れていました。カラ馬ではありましたが、ゴール前で勝ち馬に肉薄。アクシデントがなければ、好走していたと思いますよ」(同)

 こともなげに数々の的中例を紹介してくれたことは有難いのだが、担当者の話を聞けば聞くほど、一般メディアの情報だけを頼りに予想している自分たちの予想方法との絶望的な差を嘆きたい気持ちにもなってきた。ここまで実力の差を見せつけられると、少々勉強したところで、追いつくことなど不可能な現実だけがはっきりと分かってしまったからだ。

オークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないことの画像3
厳選した買い目で万馬券を連発させている令和ケイバ

 だが、『令和ケイバ』という名前の通り、今となっては昭和や平成の常識では考えられないような時代となった。

 スマートフォンさえあれば、馬券の購入が可能になるなんて、かつては想像もできなかっただろう。ならば『令和ケイバ』のように登録費、年会費も無料で「プロの最終結論」が手に入る画期的な予想サイトが出現したのも不思議ではないのかもしれない。

 メールアドレスを登録して会員になれば、厳選した5点の情報まで教えてくれる大盤振る舞いも良心的。さらに初回は無料で体験できるというのだから、メリットこそあれリスクもない

 『令和ケイバ』が掲げるサイトのコンセプトも「会員様とWINWINの関係を築く」というもので、「専属馬券師による独自の馬券見解術」は当然のこと、「精査状況の進捗を見える化」した進捗報告ページを用意している親切設計である。

 今週末には3歳牝馬のクラシック・オークス(G1)の開催もあるが、抜けた馬のいない今年は混戦必至の様相。桜花賞馬スターズオンアースは、C.ルメール騎手とのコンビが発表され、桜花賞で騎乗した川田将雅騎手は忘れな草賞(L)を圧勝したアートハウスに騎乗することも、一筋縄ではいかない雰囲気を感じさせられる。

 まだまだ波乱の続きそうな上半期の中央競馬。勝ち組になるためにも【期間限定】でプロの情報が手に入る「絶好のチャンス」を見逃す手はないだろう。

CLICK→【期間限定】厳選5点情報無料進呈中(令和ケイバ)

※本稿はPR記事です。

JRAオークス(G1)「負け組脱出」の第一歩は悩むより迅速な決断…川田将雅、C.ルメールが乗り替わり、「万馬券」の決め手は常識にとらわれないことのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!