NEW

JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末

JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽秘蔵っ子が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末の画像1

 15日、JRAの公式ホームページでついに日本ダービー(G1)の登録馬が発表された。

 フルゲート18頭の狭き門に、今年は22頭の精鋭たちがエントリー。現在のところ重賞勝ち馬でも除外の可能性があるなど、出走ボーダーも例年以上に高くなっているようだ。

 だが昨年、そんな競馬の祭典・日本ダービーへの優先出走権を持ちながらも、参戦を見送った馬がいる。今年2月に定年を迎えた藤沢和雄元調教師が管理していたキングストンボーイ(牡4歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)だ。

 4戦2勝のキャリアで挑んだ青葉賞(G2)で2着に入り、見事にダービーの優先チケットを獲得。翌年に引退する藤沢和師の最後のダービーになることでも話題を集めたものの後日、陣営はダービーには向かわないことを表明。

 回避する理由について藤沢和師は「1ヶ月で2度、東京の芝2400mを使うのは厳しい。ダービーが終わりではないし、馬の将来を考えてのこと」とコメント。師のモットーである「馬優先主義」「一勝より一生」を最後まで貫いた格好である。

 その後、神戸新聞杯(G2)で復帰を果たしたものの、不良馬場に苦しみ5着に敗れると、再び長期の休養に入った。その間に藤沢和厩舎が解散したことを受けて、現在の同馬は鹿戸厩舎の所属となっている。

 そんなキングストンボーイが21日、東京競馬場で開催されるメイS(OP)で久々にターフにカムバックする。鞍上は新コンビの横山武史騎手になる見込みだ。

 今回は約8ヶ月ぶりのレースになるが、『netkeiba.com』で行われている事前予想では、単勝オッズ1倍台の高い支持。オープン特別に入れば実績上位である上、本馬は兄に皐月賞馬のエポカドーロを持つ良血でもある。

 また、先日JRAから発表されたハンデは55キロ。これはG2レースで連対経験があることを踏まえると、やや恵まれた斤量であるといえるかもしれない。

 昨年2月の共同通信杯(G3)では、勝ったエフフォーリアや後のダービー馬シャフリヤールを上回る最速の上がりを繰り出して4着に入っている。長期の休み明けになるとはいえ、今回は負けられないレースになりそうだ。

「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末

 なお、その共同通信杯が開催される前には、こんなエピソードもあったようだ。

JRA日本ダービー(G1)「回避」名伯楽“秘蔵っ子”が戦列にカムバック! エフフォーリア「強奪未遂」C.ルメールに訪れた悲しき顛末のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!