NEW

JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもの

【この記事のキーワード】, ,
JRA日本ダービー(G1)武豊「繰り返しの愚行」こそ平常運転!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたものの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 18日、日本ダービー(G1)に向けたドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)の1週前追い切りが行われ、栗東のCウッドで6ハロン79秒6、ラスト1ハロン11秒2の好タイムをマークした。

 1番人気に支持された皐月賞(G1)では、スローペースを味方につけた勝ち馬ジオグリフや2着イクイノックスが、好位からソツのない競馬で好走。これに対し、ドウデュースは、直線14番手の後方からメンバー最速の末脚で伸びたものの3着。騎乗した武豊騎手には、道中の位置取りが消極的過ぎたのではないかという批判の声も出た。

「ポジションが結果的に後ろだったかもしれません。今日は大事に行きました。もっと流れるかと思ったのですが、流れませんでした」

 敗戦をそう振り返った武豊騎手だが、コンビを組むドウデュースは、皐月賞前に世界最高峰の舞台といわれるフランスの凱旋門賞(G1)にも登録したほどの逸材。朝日杯フューチュリティS(G1)を制しているものの、G1タイトルを上乗せしたかっただろう。

 だが、この敗戦は決して悪い側面ばかりが目立った訳でもない。

 武豊騎手としては、マイルG1を勝っただけに血統的にどうかなという疑念もあったようだが、皐月賞の走りで不安も払拭。前走の敗戦で「芝2400mの距離もいける」という感触を掴んだようだ。元々実力はトップクラスの馬だけに、後は騎手次第となるのだが、こちらについても条件はむしろ好転するといっていい。

武豊「繰り返しの愚行」こそダービーVサイン

 一部では愚行を繰り返したとまでいわれた皐月賞だが、誤解を恐れずに述べれば今に始まったことではない。

 武豊騎手が自身初勝利となった1993年ナリタタイシンでは、直線12番手からの差し切り勝ち。2勝目の2000年エアシャカールも道中は15番手から捲っての勝利。2005年ディープインパクトもまた道中16番手から徐々にポジションを押し上げての勝利だった。

 言ってしまえば、皐月賞の武豊騎手はこれらに限らず、大抵後ろからの競馬をする傾向にある。

 その一方で目立つのは、次走の日本ダービー(G1)でしっかりと雪辱したケースだ。

JRA武豊「繰り返しの愚行」がダービーVサイン!? スペシャルウィーク、アドマイヤベガ、「僕は帰ってきました」発言キズナに共通していたもののページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!