NEW

JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!

JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!の画像1
危険な人気馬となりそうなナミュール

 

■感動のヴィクトリアマイルから波乱のオークスへ

 ヴィクトリアマイル(G1)は白毛の女王ソダシの勝利で劇的な幕を閉じた。緑のターフにあまりにも鮮やかすぎるソダシの躍動に、現地の競馬ファンからは万雷の拍手が鳴り響いた。筆者も現地で観戦していたが、ゴールの瞬間は観客が一体となって感動のフィナーレであった。

 終わってみればソダシ、ファインルージュ、レシステンシアとG1で1~2着の実績がある実績馬が上位を独占。それでも3連単は5万馬券の好配当で、今週行われる優駿牝馬(オークス)(G1)は、果たしてどんなレースとなるであろうか。

 ヴィクトリアマイルは史上最高のメンバーと呼ばれた一戦。しかしオークスは一転して条件が替わり混戦模様となっている。桜花賞は7番人気スターズオンアースが勝利し、暮れの2歳女王決定戦である阪神JFも11万馬券が飛び出した。そしてこのオークスに出走する馬を見ても、今年は牡馬混合重賞レースを勝利した馬が不在という状況。実際に出走馬18頭中、重賞の勝ち馬は半分以下の8頭。重賞勝ち馬ですら出走が危ぶまれている来週の日本ダービー(G1)とは雲泥の差なのである。


・オークスに出走する重賞勝ち馬

スターズオンアース(桜花賞)
サークルオブライフ(阪神JF)
ウォーターナビレラ(ファンタジーS)
ナミュール(チューリップ賞)
エリカヴィータ(フローラS)
スタニングローズ(フラワーC)
プレサージュリフト(クイーンC)
ライラック(フェアリーS)


 ファンの注目も分散している状況だ。スターズオンアースの2冠達成なるか。武豊騎手と武幸四郎調教師のコンビでG1を勝利できるか。G1未勝利の騎手が悲願の初制覇を成し遂げることができるか。それとも想像もつかない波乱の決着となるか。

 しかし一つだけ共通していることがある。それは“馬券は難しい”ということだ。ならばこのオークスはプロにアドバイスをもらうのがベストだろう。特に期待したいのが、万馬券のプロフェッショナル集団である「暴露王」である。

 なぜここで万馬券狙いか?

 答えは簡単。今年のG1レースはすべて1番人気が敗退しているからだ。フェブラリーSに始まり、大阪杯ではJRA年度代表馬エフフォーリア、桜花賞ナミュール、ヴィクトリアマイルのレイパパレと、とにかく1番人気は勝てていない。

 勝負事には流れがあるので、1番人気不振の流れはまだ続き、このオークスも波乱になるとみておおむね間違いあるまい。だからこそ万馬券集団の暴露王なのである。

 暴露王は美浦と栗東の東西トレーニングセンターで活動する凄腕競馬記者と提携し、関係者からスポーツ紙や競馬専門紙に掲載することをNGとされた情報を独占的に入手。スポーツ紙や競馬専門紙の発売が終わったレース当日に、その情報をファンに向けて公開している。

 その破壊力は常識を遥かに超え、なんと年間300本以上の万馬券的中を公約とし、一度たりとも破ったことはないという。しかも過去に何度も100万馬券を的中させるなど、万馬券の中でも高額馬券の的中に実績がある。

JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!の画像2
2020年宝塚記念前日に的中させた119万馬券(※画像は会員様に提供した情報の一部)

 暴露王に取材を持ちかけると、オークス最大のポイントであるスターズオンアースやアートハウス、さらにナミュールやウォーターナビレラの裏事情。そして密かに関係者内部で語られている、第三の本命穴馬に関する衝撃の情報も語ってくれた。


■川田騎手乗り替わりの事情

――オークスに向けてどんな情報を入手していますか?

担当者 桜花賞で川田騎手はスターズオンアースに騎乗しましたが、勝てると思って騎乗依頼を受けたというよりは、他に有力な馬がいなかったため回ってきたというのが正解です。ゆえにオークスでも絶対に乗りたいという意思表示はありませんでした。

 一方アートハウスは川田騎手が以前から素質を評価し、そして人間関係的に重視している馬主と厩舎の馬。オークスに出られるのであればこちらへ、という川田騎手の思いもありました。

 また桜花賞1番人気で大敗したナミュールは、そもそも過剰評価だったとの声もあり、ここも危険な人気馬になる可能性があります。

 そして武豊騎手が騎乗するウォーターナビレラは、オークスが行われる東京芝2400mの距離適性が問われていますが、結論から言えば2000mがギリギリで400m長いというのが関係者の見解です。その400mを克服できるか、武豊騎手の手腕をもってすれば可能にも思えますが、ここでは同馬よりも注目したい絶好の穴馬がいるのです。


――その穴馬がポイントになりそうですが、オークスも波乱となりそうですか?

担当者 そうですね。我々が提携する凄腕記者から入手した情報では、人気馬の不安情報と穴馬の激走情報があります。特に注目しているのは、他のレースと比較して人気馬の不安情報が多く、穴馬の激走情報も多いことでしょう。

 オークス出走予定馬の多くが出走していた暮れの阪神JFは、まさにそんな状況であり、あの時は1番人気ナミュールと2番人気ステルナティーアを軽視し、8番人気2着ラブリイユアアイズを本命に3連単11万4300円、3連複1万6850円、馬単1万6540円のトリプル万馬券を的中させました。今回もあの阪神JFと同じような波乱となる可能性が非常に高いと思います。

JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!の画像3
サークルオブライフが勝利した阪神JFで11万馬券を見事的中!

――暴露王の穴馬情報はどんな内容か?

担当者 例えば今年的中させた20万馬券を例に挙げましょう。4月17日中山4R3歳未勝利では、5番人気2着フィレンツェ、16番人気3着デザートスターの激走情報で3連単21万9460円、3連複6万690円の的中となりました。

 フィレンツェに関しては前走後に「次は買い」との話があり、その後も「メンコを外して舌を縛ったりシャドーロールを着けたりして、ようやく競馬になってきた。今回のレースは勝負の一戦。人気はなくても勝ち負けになる」と強気のコメントが届き本命に指定。さらに3着に激走した16番人気デザートスター陣営からも勝負情報が届いていたことで、この21万馬券的中に繋がっています。

 我々にとっては、どれだけ万馬券に繋がる穴馬を把握できるかが重要。それらの情報が合致すれば、以前にも的中させた100万馬券のような大波乱も不可能ではないのです。


――今回はオークスの情報を無料で公開すると聞きましたが。

担当者 おっしゃる通りです。日本中が注目する来週の日本ダービーへ向け、絶好の資金稼ぎとなるオークスの万馬券情報を、まだ暴露王を味わったことのない方に限り無料で提供します。

 内容は11万馬券を的中させた阪神JF同様に、3連単・3連複・馬単の完全最終買い目。そして必見の穴馬2頭の直前リポートです。マスコミでは知ることができない本物の情報をお届けしますので、ぜひ参考にしてください。


――最後に、いよいよ春競馬も終わりに近づいています。今後の展望は?

担当者 まず来週の日本ダービーもお任せください。すでに万馬券の使者となる2頭の穴馬が極秘にピックアップされています。そして安田記念や宝塚記念、特に多くの万馬券を的中させてきた夏競馬も期待できる状況。2020年に的中させた119万馬券は6月でしたし、クラス編成や2歳馬のデビューなどで様々な思惑が絡み合うこの時期は、暴露王の情報が不可欠と言えるでしょう。


 春競馬は過去最高と言っても過言ではないほどの盛り上がりを見せているが、馬券的にはますます難解なレースが続く。そこで勝者となるか敗者となるかはあなた次第。もし本気で勝ち組を目指すなら、万馬券的中のプロフェッショナル集団である「暴露王」は、あなたにとって最高のパートナーとなるだろう。まずは今週行われるオークスで、彼らがどんな穴馬情報を入手しているのか、しっかりチェックしておこう。
CLICK→無料公開!【オークス「3連単・3連複・馬単の最終買い目&穴馬直前リポート」】暴露王

※本稿はPR記事です。

JRAオークス。武豊ウォーターナビレラに400mの壁?桜花賞馬スターズオンアース、川田アートハウス、横山武史ナミュールを上回る意外な本命穴馬!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!