NEW

JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とは

JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とはの画像1
サークルオブライフ

 先週のヴィクトリアマイル(G1)でレイパパレが敗れ、これで今年のG1における1番人気はいまだ全敗。開幕戦となったフェブラリーS(G1)からの平地G1レース連敗記録8は、グレード制導入以降ワーストとなっているそうだ。

 この負の連鎖はどこまで続くのか。大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』によると今週末のオークス(G1)では、2歳女王サークルオブライフが1番人気になると想定されているが、このような状況では決して喜ばしいばかりではないだろう。

 無論、1番人気とは馬券購入者であるファン、つまりは「人」が作るものであり1番人気=1番強い馬とは限らない。

 しかし、それにしても負けすぎな感は否めない。昔から「1番人気の勝率は約3割」と言われているが、仮にその数字を当てはめるなら1番人気の8連敗の可能性は約5.8%。なかなかのレアケースだ。

 一体、今の競馬界に何が起こっているのだろうか。

1番人気がG1を勝ちまくった2年前

 

 16/24。勝率にして約67%。かつて1年の平地G1・24レースの内、7連勝を含む16レースを1番人気が勝利するという近年で最も「平和な時代」があった。2020年、つまり今からわずか2年前の出来事である。

 2020年は競馬界にとっても、歴史的な1年だったといえるだろう。3歳クラシックでは牡馬のコントレイルと、牝馬のデアリングタクトが共に無敗で三冠を達成。コントレイルはシンボリルドルフ、ディープインパクトに続く史上3頭目の無敗制覇。デアリングタクトは史上初の無敗牝馬三冠となった。

JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とはの画像2
アーモンドアイ

 また当時の競馬界には、そんな最強3歳馬2頭の挑戦をあっさりと退けた史上最強牝馬アーモンドアイが頂点に君臨。積み上げた芝G1勝利は前人未到の9勝、まさに非の打ち所のない現役王者だった。

 そして、おそらくアーモンドアイという傑物がいなければ歴史的名牝になっていたであろうグランアレグリア、クロノジェネシス、ラッキーライラックという3頭の牝馬に加え、フィエールマンもまた長距離では無類の強さを誇っており、以下のライバルたちが付け入る可能性は限りなく低いと言わざるを得ないほど、傑出した名馬たちが跋扈する時代でもあったのだ。

 しかし、その一方であれから2年後となる現在、上記に名を挙げた馬の中で現役を続行しているのは、デアリングタクトただ1頭である。記録的な「平和の時代」を作り上げた、多くの絶対的王者が一昨年・昨年でターフを去り、今年の競馬界はまさに新時代を構築するための「群雄割拠の時代」を迎えているといえるだろう。

2020年→約2.28倍
2022年→約3.10倍

 上記はG1における1番人気の平均配当だ。これだけを見ても、如何に今年の1番人気が頼りないかがわかるだろう。ちなみに2020年は24レースで9度もあった単勝1倍台だが、今年は8レースで大阪杯(G1)のエフフォーリアだけ。つまりファンにしても、今年のG1レースにおける1番人気への信頼はとにかく半信半疑なのだ。

 競馬とは、様々な馬が栄枯盛衰を繰り返して紡がれていくものである。突出した名馬が何頭も同じ時代を彩れば当然、その“反動”はやがて巡ってくる。

 今年はまさに競馬界の転換期だ。果たして、ここから新時代を担うニュースターが現れるのだろうか。それとも群雄割拠の時代が、なおも続くのだろうか。いずれにせよ今は「あらゆる馬に可能性がある時代」と受け止めて、ここからのG1戦線を見守りたい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA「1番人気連敗」ワースト記録は必然!? アーモンドアイ、コントレイル、グランアレグリア、クロノジェネシスらが築いた「最強時代」の反動とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直