NEW

パチンコ「初めてのデジパチ大当りに喜んだのも束の間、まさかの──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・後編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.003】

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ「初めてのデジパチ大当りに喜んだのも束の間、まさかの──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・後編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.003】の画像1

 ふだんはチューリップ台やヒコーキ台で、「ふわっ」と遊んでばかりいたにもかかわらず、給料日あとで懐に余裕があったせいか、気が大きくなりデジパチにチャレンジ

 運命の女神の誘いだったのだろうか、すぐさま大当りを引き当てたまではよかったが、物凄い勢いで溢れ出る玉を前に、ただただうろたえるばかり。

「当り中は、ハンドルから手を離すな」

 そんな固定化観念に束縛されるがごとく、ハンドルを「ぎゅっ」と握ったまま中腰に立ち上がり、頭上の呼び出しランプを押した。

 ほどなく、パンチの効いた店員がドル箱を手に小走りでやってきたのだが、こちらが直面している状況を察するや、烈火のごとき表情で怒鳴り散らかし、ハンドルを握る手を払いのけた。

「なにしとんねん、アホ!! 玉、抜かんと、あかんやろ!!」

 現代のように、親切に「玉を抜いてください」とアナウンスしてくれることもなく、そもそも下皿にワンタッチスライド式の玉抜き機構すら装備されてなかった、当時のパチンコ機。

 それまで、チューリップ台やヒコーキ台の「ふわっ」とした出玉感しか覚えてなかった自分にとって、デジパチの出玉スピードは、即座に適応不可なほど異次元的なものだったのである。

 かようにして、記念すべき人生初のデジパチ大当りは、玉詰まりによるパンクによって、まこと遺憾な途中終了となってしまった。

 ラッキーナンバーではなかったので、終了後すぐに玉を流すと、ドル箱の半分にも満たない情けない量。隣で打っていたパチプロ風情のお兄さんの哀れみに満ちた目は、いまでもハッキリと覚えている。

 当てた瞬間の喜びは相当なものだった。が、なんともいえない後味の悪さを感じつつ、差し出された千と数百円をポケットにしまい、薄暗い路地裏の交換所をあとにした。

パチンコ「初めてのデジパチ大当りに喜んだのも束の間、まさかの──とあるパチンコ素人による昭和60年のパチンコ風景・後編」【アニマルかつみの銀玉回顧録 Vol.003】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合