NEW

JRA武豊&幸四郎、横山親子、吉田兄弟……オークス(G1)はファミリー入り乱れ!? 最も“ハイ”な戦いは桜花賞で「因縁」アノ義理の親子?

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊&幸四郎、横山親子、吉田兄弟……オークス(G1)はファミリー入り乱れ!? 最もハイな戦いは桜花賞で「因縁」アノ義理の親子?の画像1
ピンハイ

 競馬はしばしば「ブラッドスポーツ」と呼ばれるが、それは競馬界を取り巻く“人間”にも当てはまる。JRAでも兄弟騎手や親子騎手、兄弟調教師なども少なくない。親戚関係にまで対象を広げれば、むしろ血縁関係がない関係者の方が少ないくらいかもしれない。

 22日に行われるオークス(G1)も、そんな競馬界の“ファミリー”が敵味方に入り乱れての一戦となりそうだ。

 最大の注目は、騎手時代にはライバル同士で相まみえた武豊騎手と武幸四郎調教師の兄弟タッグだろう。阪神JF(G1)と桜花賞(G1)では、あと一歩及ばなかったウォーターナビレラだが、兄弟タッグ「三度目の正直」でG1制覇を狙う。

 武兄弟以外の“ファミリー”は、すべて騎手同士もしくは調教師同士。つまり、敵味方に分かれて戦うことになる。

横山ファミリーに、吉田兄弟…そして

 

 まず横山典弘騎手と和生・武史兄弟による親子対決。G1レースで3人がそろうのはNHKマイルC(G1)に続き今年2度目だ。2週前は父・典弘騎手が最先着の2着に健闘したが、今回は息子2人の奮起にも期待したい。

JRA武豊&幸四郎、横山親子、吉田兄弟……オークス(G1)はファミリー入り乱れ!? 最もハイな戦いは桜花賞で「因縁」アノ義理の親子?の画像2
パーソナルハイ

 吉田豊・隼人兄弟もG1では今年2度目の直接対決を果たす。前回の桜花賞では、パーソナルハイに騎乗した兄・豊騎手がハナ差でベルクレスタ騎乗の弟・隼人騎手に先着。今回はそろってさらに上の着順を目指す。

 他にも高柳瑞樹・大輔兄弟がG1の大舞台で初顔合わせ。スターズオンアースで2冠を狙う兄・瑞樹調教師に、伏兵サウンドビバーチェを送り出す弟・大輔調教師が挑む構図だ。

 このように複数のファミリーが入り乱れる今年のオークスだが、密かにヒートアップしそうなファミリー対決がもう1組ある。矢作芳人調教師と田中克典調教師の「義理の親子」対決である。

 ご存じの方も多いと思うが、矢作師の娘はグリーンチャンネルのパドック進行などでもお馴染み、キャスターの矢作麗さん。その麗さんと20年秋に結婚したのが田中克師である。

 実はこの義理の親子対決は、すでに桜花賞でも実現済み。矢作師がパーソナルハイを、田中克師はピンハイをそれぞれ送り込み、壮絶な5着争いをピンハイがハナ差で制している。

「壮絶な」という言葉を聞いて思い出したファンもいるだろう。桜花賞の最後の直線で見せた両馬の攻防はすさまじかった。

 ともに前が壁となり、外に進路を取りたいピンハイが馬体を何度もパーソナルハイにぶつけたあのシーンだ。審議にこそならなかったが、ピンハイに騎乗した高倉稜騎手は外側に斜行した件について過怠金5万円が科されている。

 もちろん矢作師と田中克師は立場上、レース中は愛馬を見守ることしかできない。それでも義理の親子による壮絶な5着争いには普段以上に熱くなったのではないだろうか。

 その後、桜花賞5着でオークスの権利をもぎ取ったピンハイは直行、パーソナルハイはフローラS(G2)2着で改めて権利獲りに成功し、大舞台で2度目の対決を迎える。

 奇しくもオークスでは同じ7枠に収まったピンハイとパーソナルハイ。桜花賞での因縁もあるだけに最も“ハイ”なファミリー対決になりそうだ。

(文=中川大河)

<著者プロフィール>
 競馬ブーム真っただ中の1990年代前半に競馬に出会う。ダビスタの影響で血統好きだが、最近は追い切りとパドックを重視。

JRA武豊&幸四郎、横山親子、吉田兄弟……オークス(G1)はファミリー入り乱れ!? 最も“ハイ”な戦いは桜花賞で「因縁」アノ義理の親子?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直