NEW

JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?

JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?の画像1
サークルオブライフ

 今週はいよいよオークス(G1)だ。スターズオンアースが桜花賞(G1)に続き牝馬2冠を達成するのか、それともナミュールやサークルオブライフ、ウォーターナビレラといった桜花賞組が雪辱を果たすのか。

 はたまた忘れな草賞を制したアートハウス、トライアルレースのフローラS(G2)を勝利したエリカヴィータなど別路線組がアッと驚かせるのだろうか。

 まさに全国の競馬ファンが注目する一戦だが、今回注目したいのは昨年の阪神JF(G1)優勝馬サークルオブライフである。今回は同馬の勝利を後押しする4つの要素を順に説明していこう。

サークルオブライフが推せる「4つ」の理由

 

JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?の画像2
ミルコ・デムーロ騎手

ミルコ・デムーロ

 まず鞍上のミルコ・デムーロ騎手だ。同騎手はオークスを過去3年で2勝しているが、JRA所属騎手となった2015年以降の成績は【2,0,2,3】で、勝率28.6%・複勝率57.1%のハイアベレージを記録。桜花賞【1,0,0,7】の勝率、複勝率ともに12.5%という成績と比較しても、圧倒的にオークスの方を得意としている。

 しかも東京芝2400mで行われたG1レースは、オークス2勝、日本ダービー2勝、ジャパンCも1勝と合計5勝。前走の桜花賞は、外枠で不完全燃焼だっただけに巻き返しに力が入るはず。得意とするこのコースであれば十分可能だ。


国枝栄調教師

 次に国枝栄調教師だ。アパパネとアーモンドアイで現役調教師最多の2勝をあげ、2010年以降は【2,2,0,3】で勝率28.6%・連対率と複勝率はともに57.1%という好成績。桜花賞よりも成績が上であるように、やはり関東で行われるレースだからかオークスを得意としている。

 特に国枝厩舎の馬で「前走が桜花賞」そして「G1馬」に限れば2戦2勝というデータもあり、実績馬をしっかり勝たせている。これも巻き返し必至と言っていい要素だ。


父エピファネイア

 同馬の産駒は早熟傾向にあり、今年に入って5歳以上は1勝もしていない。一方で3歳馬は好成績をあげており、サークルオブライフやヴェローナシチー、ニシノラブウインク、サトノヘリオス、フォラブリューテがオープンで活躍。つまり成長のピークを考えれば3歳のこの時期でこそという種牡馬なのだ。またエピファネイア産駒は、ここまで重賞を10勝しているが、その内訳は

1600m 3勝
1800m 1勝
2000m 3勝
2200m 1勝
2400m 1勝
2500m 1勝

 という内容で、産駒のエフフォーリア、アリストテレス、オーソクレース、クラヴェルは長距離の重賞で好走。そして1600mで3勝のうち1勝はオークスを勝利したデアリングタクト、2勝はサークルオブライフなので、距離が延びるのはプラス。これも他馬に差を付ける要素である。

JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!