NEW

パチスロ「ARTが豹変」する斬新なゲーム性!?

【この記事のキーワード】, , ,

パチスロ「ARTが豹変」する斬新なゲーム性!?の画像1

新時代の技術介入マシンも話題の人気コンテンツを実戦

 5月も終わりが近づき6月も目前。それが終われば今年の半分が終わる訳ですが本当に早いものですね。さて、その6月には平和の6.5号機『Sキャッツ・アイ』が登場予定です。

 新時代の技術介入マシンとも評されている本機。その仕上がりに期待したいところです。今回は、それにあやかりまして2011年の『キャッツ・アイ恋ふたたび』でボーナスを盗んできました。

 正直なところ原作にもパチスロの方にもあまり馴染みがないのですが、調べてみたところこれまでに4機種も販売されていたのですね。初代『キャッツアイ』(4号機)はサミーから2000年にリリースされております。 

 その初代はAR機(現在でいうART)でしたが、一度だけ打った記憶が薄っすらとあります。その前身にあたる初代『ディスクアップ』は、何度か打った記憶もあるのですけどね。

 その後は2008年になりようやく平和から『キャッツ・アイ』(A+ART)が登場。 本格的なARTブームを迎えつつある中でのデビューだったでしょうか。 

「ARTが豹変」する斬新なゲーム性

 そしてその次に登場したのが今回の『恋ふたたび』ですが、こちらは1セット40G(1G純増:約1.4枚)のART『キャッツタイム』を搭載したマシン。ART中には『キャッツアイ』絵柄揃いでARTをストックするのですが、その特徴がタイトルにもある『豹変』です。

 豹変の条件はART中のボーナス。成立でストック上乗せ期待度が大きくアップします。スーパーキャッツタイムはキャッツアイ絵柄揃いの確率が約1/10、プレミアムキャッツタイムは何と約1/4にアップするのです。

 なので、まずは初回のART中にボーナスを引くのと引かないのでは雲泥の差に。 ここでボーナスを引かないと『ヤレる』可能性はかな~り下がってしまうのですね。

パチスロ「ARTが豹変」する斬新なゲーム性!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合