NEW

武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……一方、元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」と別の騎手を批判!? C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像1

 様々なGORAKUを心から愛する「GJ」。今週も人気だった競馬記事を、下手の横好きライター「A」と、当サイトの酔いどれデスク「Y」が徒然なるままに振り返ってみた!!

JRA武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……一方、元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」と別の騎手を批判!? C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】の画像2
松岡正海騎手

JRA武豊「痛かった」C.ルメール「信じられない」致命的な不利に審議も制裁もなし、ソダシ快勝の裏で被害者大量発生……あの騎手の「危険騎乗」に恨み節続々


デスク「Y」:先週のヴィクトリアマイル(G1)のソダシ強かった! 去年の秋は色々あって苦しんだけど、やっぱり芝のマイルがベストなんだろうね。白毛のソダシが勝つと他の馬より盛り上がるから嬉しい!

ライター「A」:ソダシが強かったことは確かですが、有力馬が色々と不利を受けた難しいレースになったようです。記事ではクリノプレミアムの松岡正海騎手の騎乗が疑問視されています。

デスク「Y」:最後の直線でファインルージュの進路をちょっとカット気味になったのは覚えてる。

ライター「A」:他にも菅原明良騎手のアブレイズや、武豊騎手のディヴィーナも不利を受けていたみたいですね。JRAから具体的な処分があったわけではないですが、レース後には各ジョッキーから“嘆き節”が聞かれたらしいですよ。

デスク「Y」:まあ、G1だからギリギリの騎乗になっちゃうよね……。松岡騎手はフェアプレー賞も受賞したことがある騎手だし、決して本意ではないと思うんだけど。

ライター「A」:もう1本ヴィクトリアマイルのジョッキー絡みの話があるので、このまま先に行っちゃいましょうか。

デスク「Y」:よろしくー。


元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい」名指し批判!? ソダシ吉田隼人は大絶賛も…“槍玉”に挙げられた意外な騎手

ライター「A」:こちらも先週のヴィクトリアマイルの話ですが、元JRA騎手の藤田伸二氏によると、最後の直線でファインルージュの進路がカットされる原因になったのは、レシステンシアに騎乗していた横山武史騎手の進路取りの影響が大きかったとのことです。

デスク「Y」:確かに、パトロールビデオをよーく見ると、最後の直線の入り口辺りでレシステンシアが外側へわずかに斜行してるね。

ライター「A」:横山武騎手からすれば、前を走っていたローザノワールをより安全に交わそうという判断なのだと思いますが、その影響でレイパパレ→クリノプレミアムと玉突き事故のように外に押しやられることに。その結果、ファインルージュの進路がカットされる事象が起きました。

デスク「Y」:C.ルメール騎手によると、前の脚が接触してしまったみたいね。一瞬、躓いてるし、もし落馬してれば危険な状況だった。藤田さんが怒る気持ちもわかるね。

ライター「A」:藤田氏曰く「制裁を食らってなかったらおかしい」とのこと。素人目にはちょっとした挙動に見えますが、一歩間違えれば横山武騎手が制裁を受けていた可能性もあるんでしょうね。

デスク「Y」:この件に限らず、あの手の不利って結構、被害馬のジョッキーのスキルに助けられてる面もあるんだよね。

ライター「A」:じゃあ、もしあの件でルメール騎手が落馬していたら、横山武騎手が制裁を受けていたということですか?

デスク「Y」:あくまで可能性の話だけどね。もし、ルメール騎手が落馬してたら当然、審議にはなるだろうし、そうなると「誰のせい?」という話になるのは必然。ファインルージュは画面で見てもわかるくらい躓いてたし、ましてや皆が必死になるG1の最後の直線。落馬しなかったルメール騎手はさすがだと思うよ。ましてや、そこから2着に持ってくるんだから、改めて凄いジョッキーだねえ。

ライター「A」:レース後にはルメール騎手自身も「信じられない」と話していましたね。

デスク「Y」:今年まだJRAで重賞を勝ててないルメール騎手だけど、いよいよ本格的にエンジンが掛かってきたんじゃないかな。そういうわけで、今週はスターズオンアースと心中します!

ライター「A」:あああ、せっかくルメール騎手の調子が上がってきたのに……。まさか“疫病神”に睨まれてしまうとは(笑)。

デスク「Y」:どういう意味だよ!

武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!