NEW

JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ

JRA【平安S(G3)予想】ダート王テーオーケインズは鉄板も、紐荒れ狙いで高配当を狙う穴馬をピックアップの画像1

 今回は帝王賞(G1)の前哨戦となるダート重賞・平安S(G3)を予想していく。

 先週だが、過去一不甲斐ない予想になってしまった。

 京王杯SC(G2)は1着メイケイエール、3着タイムトゥヘヴンまでは良かったが、2着がスカイグルーヴ。京都牝馬S(G3)の予想でも用なしとして切ったが、またも2着に食い込んできた。スカイグルーヴの実力は認めざるを得ないのかも知れないが、その前にこの馬との相性が良くないのだろう。

 相性で言えば、ヴィクトリアマイル(G1)もソダシが勝ったところまではいいが、2着がファインルージュ、3着レシステンシアと切った2頭が来て、結果的に平穏な結果に収まった。過去散々低評価してきたレイパパレに○を打ったものの、スタートで躓いて12着と大敗。買わないと来る、買うと来ないの相性の悪さなのだろう。

 さて、予想に戻ろう。

 いつものように過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみる。ただし、2012年以前は1回京都開催の最終週で開催されていたので、現在とは施行時期が異なる。それも含めてピックアップとする。
アンタレスS 9頭
ブリリアントS(OP) 3頭
フェブラリーS、ジャパンCダート(現チャンピオンズC)、マーチS、ダイオライト記念、マリーンC、仁川S(OP)、師走S(OP) 各2頭
東京大賞典、みやこS、初夢S(3勝クラス)、海外遠征 各1頭
となっている。アンタレスS組は中4週という適度な間隔を空けての臨戦ということもあって最多となっているが、近2年は中9週以上と長めの間隔を空けて出てきた馬の好走が目立つ。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 4-1-0-5
2番人気 1-0-1-8
3番人気 1-4-1-4
4~6番人気 1-2-7-20
7~9番人気 1-2-0-27
10番人気以下 2-1-1-63
となっている。数字で見ると2番人気の成績が目も当てられないが、昨年は1着、一昨年は3着とこの数字は近2年で出したもの。データだけで見限ることはできない。1番人気は近5年で絞っても2勝を挙げているなど上々。軸候補として信頼できるだろう。


 これを踏まえて「◎」は当然の大本命だが4番テーオーケインズとする。

 前走は海外遠征でサウジC(G1)。スタートから終始追走に苦しみ、直線で伸びはしたものの見せ場なく8着に敗れている。

 前走に関しては世界最高賞金を誇るダート界の頂上決戦とも言えるレースだっただけに、結果は度外視していいだろう。2走前はチャンピオンズC(G1)でダートの雄チュウワウィザードを6馬身差で完封する横綱相撲を演じており、新たなダート王誕生を予感させた。

 昨年は帝王賞(G1)も制覇しており、G1・ 2勝と申し分ない成績を収めている。今回のメンバーでもチャンピオンズCですでに勝負付けが終わった馬も多く、国内ではこのレースが初戦となるが、ダート王の座を不動のものにするためにも負けられない1戦と言える。

 強いて不安を言えば、別定戦ということで59kgの斤量を背負うことか。重賞実績のある馬とでも2kg差あり、これまで57kgで戦ってきたということでカンカン泣きする可能性もある。とは言え、実力差は明確なのでこのメンバーなら乗り越えるであろう。

JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!