NEW

【4号機ストック機時代】パチスロで「確変」を再現! 4千枚も余裕のボナ連マシン!!

【この記事のキーワード】, ,

【4号機ストック機時代】パチスロで「確変」を再現! 4千枚も余裕のボナ連マシン!!の画像1

パチンコの確変をパチスロで再現した4号機

 カードユニットに対応した「CR機」への移行に伴って認められ、今ではすっかりお馴染みとなったパチンコの「確率変動」機能。この確変に突入すれば文字通り大当り確率が変動し、高い割合で次回大当りに期待できる。

 4号機時代の2002年に登場した山佐のパチスロ『ザクザク千両箱R』はそんな確変、しかも、かつて一世を風靡したフルスペックタイプのゲーム性をストック機能で再現した画期的なマシン。ビッグ成立時は3分の1で確変突入抽選が行われ、当選時は「確変ランプ」が点灯→以降、2回のビッグ連チャンが約束される仕組みだ。

 その詳しいシステムを説明すると、本機の通常時はリプレイ内部高確率を利用してボーナスをストックしながら進行。ボーナスは主に毎ゲームのRT解除抽選クリアで放出され、その放出期待度は6種類あるモードに応じて大きく変化する。

 モードは「次回」ボーナス時に「次々回」のモードが決められる…という流れ。つまり、ボーナス成立時には次回のモードは選択済みであり、これを繰り返すことで確変状態を作り出しているのである。

確変モードによる魅惑のボナ連を実現

 ボーナスが超高確率に跳ね上がるのは「確変1回目モード」と「確変2回目モード」の2種類で、確変1回目モードは同モードor確変2回目モード以外に移行しないのが特徴。故に、確変突入=初当りを含めて最低3連チャンが確定し、ヒキ次第では一撃で10連以上、出玉にして4,000枚以上の出玉を吐き出すこともある。

 この確変1回目モードへは基本的に「ノーマルモード」→「確変準備モード」と段階を踏んで移行。ただし、同一設定の打ち直しを含めた設定変更時に全設定共通23.8%で「モーニングモード」が選ばれた場合は、トータル約57分の1でST解除抽選が行われるばかりか、ビッグ当選時は3割以上で確変1回目モードへ昇格することから、朝イチはお得と言える。

 このほか、本機には「天国モード」なるプレミアム的なモードもあり、同モードへはREG(設定1:1820.44分の1~設定6:1170.9分の1)の一部で突入。天国モード後は例外なく確変1回目モードへ移行するので、最低4連チャンが見込める。

 なお、天井は全設定共通1977Gだ。

【注目記事】
1G純増「約9.5枚」超快速ATや、初期ゲーム数100G+αの覚醒「A+AT」マシンがデビュー!【5月23日導入パチスロ新台リスト】
パチンコ新台「継続率約81%で次回継続フラグも!?」1500発比率75%で爆発力抜群!鉄板コンテンツシリーズ最新作がまもなく見参!
パチンコ店「一発退場」許されぬ極悪行為!? 怒りに身を任せた行動に驚愕!!

【4号機ストック機時代】パチスロで「確変」を再現! 4千枚も余裕のボナ連マシン!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合