NEW

JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の切り! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!の画像1

 今回は牝馬クラシック2冠目、オークス(G1)を予想していきたいと思う。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていきたい。
桜花賞 16頭
フローラS 8頭
忘れな草賞(OP) 3頭
皐月賞、スイートピーS(L)、矢車賞(1勝クラス) 各1頭
となっている。半数以上が桜花賞組で桜花賞上位入線馬が好成績を挙げているが、桜花賞大敗からの巻き返し例もあるので、着順だけではなく多角的に見る必要はある。次いでトライアルのフローラS(G2)からの臨戦馬が多く、この2戦で大半を占めている。注目の忘れな草賞組は3頭であるが、うち2頭は上位人気に応えて勝利している。

 続いて人気順の成績を見てみよう。
1番人気 5-2-1-2
2番人気 1-3-3-3
3番人気 3-0-1-6
4~6番人気 0-3-2-25
7~9番人気 1-1-1-27
10番人気以下 0-1-2-85
となっている。1番人気は信頼に値する成績と言えよう。昨年こそ勝利を逃しているが、距離不安があったソダシだったので度外視していいだろう。これを除くと近5年で4勝と実績は断然。2番人気も近5年なら20年こそ馬券圏外に飛んでいるが、それ以外の年は馬券に絡んでいるので、こちらも重視すべきか。注目は10番人気以下。3年連続で馬券に絡んでいるので、吟味しておく必要がありそうだ。

JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の切り! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!の画像2
エリカヴィータ

 これらを踏まえて「◎」は思いのほか人気がなさそうな9番エリカヴィータとしたい。

 前走はフローラS。終始4番手を進み、直線で前の馬を交わして勝利を挙げた。この馬はまだキャリア3戦で、19年のラヴズオンリーユーと同じく最少キャリアで臨んでいる。もっともラヴズオンリーユーは歴史に残る名牝。オークスでも3戦無敗で臨んでいたので、単純比較はできないが、こちらは東京2000mの重賞を制している分、他馬より距離に見通しが立っているのは確か。

 陣営も前走で立て直しが成功し、実力をいかんなく発揮できたと称賛。デキの良さをアピールしている。この国枝厩舎は近5年で3頭馬券内に送り込むなどオークスとの相性もいい。またフローラS組は昨年、一昨年と馬券に絡んでいるほか、枠順も好成績を残している5枠を引いたなど、恵まれている感が強い。

 素直に勝てるかどうかは疑問が残るが、3着内に入る可能性は高いと見て「◎」を打つ。


「○」は本命視されているが、6番サークルオブライフを推す。

 前走は桜花賞で、大外枠から後方待機策を採って直線上がり最速の鬼脚を繰り出すも届かず4着だった。

 詳しくは本サイトのこの記事を参照してほしいが、データ的には後押しするものが揃っている。臨戦過程も17年に勝利したソウルスターリングと酷似しており、桜花賞の鬱憤を晴らすチャンスと見ている。

 ただし、後押しするデータだけでは当然ない。まず、入った3枠だが過去10年で3着が2回あるだけのいわゆる「死に枠」。加えてご存じの通り今年のG1で1番人気が8連敗中という流れもある。ただ、陣営もデキの良さを強調しているだけに3着内を外すことは考えにくいということで「○」とした。

JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!