NEW

JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 7年前の「異常な桜花賞」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】の画像1

 今回は22日に行われる第83回オークス(G1)を予想する。

 先週のヴィクトリアマイル(G1)の予想は個人的に自信があったのだが、◎レイパパレがまさかの生涯収支マイナス1億円くんこと霜降り明星の粗品ともろ被り……。案の定、と言っては失礼だが、レイパパレはスタートで躓き、川田将雅騎手が落馬寸前の不利。不幸な事故と思って忘れるしかないだろう。

 気を取り直してオークスの予想に入りたいが、まずは桜花賞組の精査から始めたい。

 今年の桜花賞は、内枠が圧倒的に有利な状況下で行われたレースだったため、着順はほぼ度外視したい。競馬には得てしてそういった特殊なレースがあるが、この結果を引きずると、その後も痛い目に遭い続ける。基本的には「そういうこともある」とあまり参考にしない方が良い。

 レッツゴードンキが勝った2015年の桜花賞などは、まさにその典型だろう。

 1000m通過が62.5秒という歴史的スローペースとなった結果、逃げたレッツゴードンキがそのまま4馬身差で圧勝。1番人気のルージュバックら後方勢は、ほぼ見せ場がないまま終わってしまった。

 無論、後方勢には情状酌量の余地があるが、その中でも注目すべきは後方というビハインドを跳ね返して上位に食い込んだ馬たちだ。代表的なのは13番手から追い込んで2着だったクルミナルだろう。オークスでは距離延長が嫌われて6番人気の低評価だったが、3着に好走している。

 また、このレースは2着から10着までが0.3秒差にひしめいた大接戦。当然、17番手から上がり最速で6着だったアンドリエッテや、15番手から上がり2位で7着だったキャットコインらも評価されてしかるべきだが、この2頭は当時後方から極端な競馬をする以外に戦い方がなかった。

 桜花賞が超スローペースだからといって、オークスがそうならないとは限らない。もともとスローペースになりがちなレースで、歴史的なスローでなくとも、瞬発力勝負になるなら、やはり位置取りは多少自在性があることが望ましい。

JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 7年前の「異常な桜花賞」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】の画像2
サークルオブライフ

 以上を踏まえ、「◎」は6番サークルオブライフとする。

 2015年の桜花賞が極端に前に行った馬が有利なレースとするなら、今年の桜花賞は極端に内枠の馬が有利だった。実際に18頭を二分すると1~9番までの7頭が、上位1着から9着にランクイン。逆に10番から外枠は2頭しか顔を出すことができなかった。8枠16番から4着だったサークルオブライフは、その内の1頭である。

 ちなみに毎年のオークスでは桜花賞から800mの距離延長が注目されるが、距離の壁に泣く馬のパターンは意外に明白だ。1つは1400m以下に良績が集まっている馬、そしてもう1つがマイル戦を先行できるほどのスピードに偏った馬の2パターンである。

 つまり、マイル戦で中団より後ろから競馬できる馬については2400mをそれほど意識する必要はない。要は折り合いがつけば、同世代の2400mは大きな問題にならないということだ。無論、サークルオブライフは特に問題がない。余談だが、以上の理由で桜花賞2着のウォーターナビレラは消しとする。

 桜花賞は同じく8枠からのスタートだったナミュールとけん制し合って、必要以上に後方からの競馬になった。今回は3枠6番と恵まれた分、M.デムーロ騎手も勝ちに行くはずだ。

JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!