NEW

JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ

JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケの画像1

 今年4月に累計ダウンロード数がついに1400万を突破。公開から1年以上が経過した今なお衰えることを知らない、大ヒット競馬アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)。

 先日はプロ野球・中日ドラゴンズの元監督で、「オレ流」こと落合博満氏が、自身の公式YouTubeチャンネル『落合博満のオレ流チャンネル』内にて、同作品について言及したことでも話題となった。

 そんな『ウマ娘』に続く競馬作品であり、対抗馬としても期待されつつ今年4月に放送がスタートしたのが、競馬学校を舞台にしたオリジナルアニメ『群青のファンファーレ』(TOKYO MXほか)だ。

 同作品は昨年8月、『BSイレブン競馬中継』(日本BS放送)の放送内においてティザームービーをいち早く公開。制作にはJRAが全面協力しているということでも話題となった。

 人気アイドルグループに所属する主人公の有村優が、惜しまれながらも芸能活動を休止し、競馬学校に入学するところからストーリーは始まる。個性豊かな同期生たちと共に、プロのジョッキーを目指していく青春群像劇である。

 先週14日に放送された第7話で、入学から1年間のカリキュラムが終了し、騎手候補生たちは東西のトレーニングセンターへと配属されることに。21日からは、いよいよ新章となる「トレセン編」がスタートする予定となっている。

 そんな手に汗握る『群青のファンファーレ』だが、なぜか競馬ファンの間からは「まったく話を聞かない」など、評判があまり芳しくない。「すぐに見るのをやめてしまった」といった声も上がっている。

ファン待望の競馬アニメが…

 

「第1話では校内でとある事故が発生して2頭が放馬。新入生の1人が1頭を捕まえると、主人公と2人乗りしてもう1頭を確保しにいくシーンがありました。普通、競走馬を2人乗りすることはありませんし、緊急のこととはいえ、新入生がヘルメットもプロテクターも装着していないなど、競馬ファンから見るとツッコミどころもだいぶ多かったようですね。

また、続く第2話では授業の一環で日本ダービー(G1)を見学しに行きますが、出走馬のゼッケンの色が白ではなく、青色。JRAの全面協力ということで「リアリティ」を追求した競馬作品を期待していたファンも多かったようで、このあたりで興味がなくなってしまった人もいたでしょうね」(競馬誌ライター)

 一方で、本作には美男子キャラクターが多数登場するため、女性やアニメファンからの評価は期待できそうである。

 しかし、ニコニコのアニメ総合情報サイト『Nアニメ』(DWANGO)内で行われてる今期アニメランキングでは30位付近をうろついており、今のところ期待通りの支持を得られているとは言えないようだ。

JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!