NEW

JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償

【この記事のキーワード】, , ,
JRAオークス(G1)武豊「それが全て」発走15分遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の神判断も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償の画像1
ウォーターナビレラ

 22日、東京競馬場で行われた牝馬クラシック第2戦・オークス(G1)は、桜花賞馬スターズオンアース(牝3歳、美浦・高柳瑞樹厩舎)が二冠達成。3番人気の“低評価”を覆し、史上16頭目の二冠牝馬に輝いた。

 第1戦の桜花賞では7番人気を覆しての戴冠。1着から9着までが0.2秒差という大接戦だっただけにフロック視する声もあったが、改めて世代最強を強調した格好だ。秋には2020年のデアリングタクトに続く牝馬三冠の挑戦が待っている。

 その一方、その桜花賞でハナ差の接戦を演じたウォーターナビレラ(牝3歳、栗東・武幸四郎厩舎)は思わぬ形で不完全燃焼に終わってしまった。

「スクーリングしたいので」

 レース2日前の金曜日。ウォーターナビレラは関西馬としては、ただ1頭だけ早めに東京競馬場に姿を現した。これまで1度だけ関東への輸送を経験しているが、その際に「ナーバスになっていた」からだ。「『念には念を』ですね」と話す武幸四郎調教師の言葉からは、この一戦に懸ける意気込みが伝わってきた。

 そんな陣営の努力が実を結んだのか、当日のパドックでは好馬体を披露したウォーターナビレラ。武豊騎手との返し馬も順調にこなし、あとはレースのスタートを待つのみだった。

万全を尽くしたウォーターナビレラ陣営だったが

 

 アクシデントがあったのは、ゲートの裏で輪乗りを行うレース直前だった。

 サウンドビバーチェが大きく立ち上がると、石橋脩騎手を振り落として放馬。コース内を逸走してしまい、レースの発走が約15分も遅れる異例の事態となったのだ。

 その間、ウォーターナビレラを始めとした出走馬は、ゲート裏での輪乗りを続けていた。本来なら大きな負担にはならないシーンだが、幸か不幸か、この日から入場制限が緩和され、東京競馬場には約3万人のファンが詰めかけていた。

 ましてや、東京・芝2400mのスタートは正面スタンド前で行われる。若い3歳牝馬たちが、かつて経験したことのない重圧にさらされていたことは想像に難しくない。そんな中、ウォーターナビレラを始め、徐々に発汗が目立つ馬が増えてきた。

 こうなると、戦前には「絶好」と言われていた1枠1番が仇になる。

JRA武豊「それが全て」異例の発走遅れでウォーターナビレラ轟沈……幸四郎の“神判断”も台無しに。あまりに大きい桜花賞「ハナ差」の代償のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!