NEW

常識を打ち破る「5回リミッター」パチンコとは⁉ 複雑なパターンを見抜いて内部確変をゲット!

【この記事のキーワード】,

常識を打ち破る「5回リミッター」パチンコとは⁉ 複雑なパターンを見抜いて内部確変をゲット!の画像1

パチンコ機の暗黒時代……

 1997年からのCR機は、今までよりも規制が強化されてしまいました。『CR黄門ちゃま2』(平和)や『CR大工の源さん』(SANYO)などの「以後2回ループタイプ」や「確変終了後の時短搭載」は廃止となり、「最高継続回数4回まで(5回分の大当りで強制終了)」と厳しくなりました。いわゆる「CR機5回リミッター」時代です。

 その他の同規則改正点は「大当り確率の下限が360分の1以下」、「確変突入率と継続率は2分の1以内」、「最低賞球数は5個から6個」という内容。一見プラスな内容かもしれませんが、やはり大当りリミッターが一番の難点でした。多くのプレイヤーが、「せっかくのCR機の利点がなくなった」とガッカリしていましたね。

 そうしたなか、リミッター機の常識を打ち破る機種が登場しました。それが『CRデラマイッタJ-3』(豊丸産業)というマシンです。

 スぺックは大当り確率301分の1のミドルタイプで、確変突入率40パーセント、次回まで継続(5回リミッター)という仕様で、時短機能は非搭載でした。つまり電チューがないのです。

 盤面は液晶デジパチではなく、数字のセグメントだけで構成。大きなセグが盤面のど真ん中に置かれ、そのインパクトは凄まじかったです。その空きスペースにも小さなセグが散在し、メインデジタルはその上に3つ並んでいます。ここのセグで数字が3つ揃って大当りですが、赤と緑の色の組み合わせで確変かどうかが決まります。

 例えば「777」の場合だと、「赤・赤・赤」ならば確変、「緑・緑・赤」ならば通常……など、複雑な組み合わせパターンとなっていました。しかも、その数字が揃ったらすぐに色が変わる上、大当りが終わると、台枠や呼び出しランプなどに確変を示す点滅機能がないのです。

常識を打ち破る「5回リミッター」パチンコとは⁉ 複雑なパターンを見抜いて内部確変をゲット!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合