NEW

JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇

【この記事のキーワード】, ,

JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇の画像1

 ファンが最も勝つ可能性が高いと考えた馬が1番人気に支持される。当然ながら全体的な成績でも抜群の勝率を誇る訳だが、だからとってそれは人間が決めた評価であり、必ずしも勝てるとは限らないのも競馬だ。

 後の三冠馬オルフェーヴルは4番人気、春二冠のメイショウサムソンにしても6番人気で皐月賞(G1)を制している。「1番人気馬が強いのではなく、勝った馬が強い」という事実は今に始まった話でもない。

 ただ、皐月賞制覇で評価の上がった日本ダービー(G1)を1番人気で制したこれら2頭に対し、6番人気で栄冠を掴んだのが、1997年に二冠を達成したサニーブライアンと大西直宏騎手のコンビだった。

 何しろ皐月賞の前哨戦・若葉S(OP・当時)で4着に敗れ、その前の弥生賞(G2)でも武豊騎手が騎乗したランニングゲイルの前に6馬身半も離される完敗。11番人気の低評価を覆して皐月賞を優勝したとはいえ、大穴馬が“たまたまハマっただけ” という評価をされただけに過ぎなかった。

 それまでの8戦2勝という地味な成績からも、たとえ一冠目を制したからといって、この馬が本当に強いと考えた人間は多くなかったはずだ。

 ダービーを逃げ切ったサニーブライアンに対し、1番人気のメジロブライトや、2番人気のランニングゲイルは脚を余す格好で敗戦。直線の長い東京なら捕まえられると考えられていたからである。

 しかし、そんな世間の評価をあざ笑うかの如く、いとも簡単に二冠を達成してしまったのだから競馬は何が起こるか分からない。

「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言

 逃げ馬にとって、先手を取り切るまでに脚を使わされる8枠18番の大外枠を引く不運もありながら、鞍上の大西騎手の脳裏には逃げの選択のみ。ゲートが開くと一目散にハナを奪うと、最後まで後続を寄せ付けずに先頭でゴールした。

 ちなみにサイレンススズカも同年のダービーに出走していたものの、サニーブライアンにハナを譲って9着。古馬となった翌年に稀代の快速馬として素質を開花させるのは、武豊騎手と出会って以降のこと。当時はまだまだ脆さが目立っていた。

 レース後の勝利騎手インタビューで評価が低かったことに対し、大西騎手が「評価はどうでもよかった。1番人気はいらないから1着だけ欲しいと思っていました」と答えたことも、競馬における名言としてあまりにも有名だ。皐月賞でデビュー18年目にして初めてG1を勝利した遅咲きの苦労人は、同年にダービージョッキーの称号をも手に入れた。

 この勝利でようやく実力が認められたサニーブライアンだが、世間をアッと驚かせた二冠馬がターフを去るのもまたアッという間だった。

JRA「1番人気はいらないから1着だけ欲しい」あまりにも有名なダービーの名言、武豊やサイレンススズカも歯が立たなかった二冠馬の圧逃劇のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!