NEW

JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊

【この記事のキーワード】, ,
JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊の画像1
スターズオンアース

 先週末のオークス(G1)を制したのは、桜花賞(G1)に続く二冠を達成したスターズオンアース。7番人気で桜の女王となったこともあってか、3番人気での戴冠だった。8枠18番の大外枠ながら、道中のロスを最小限に留めたC.ルメール騎手の見事なエスコートも光る勝利だったといえる。

 1番人気に支持されたのは、外の馬が伸びない馬場だった桜花賞で8枠16番という不運に見舞われたサークルオブライフ。桜花賞では無理に出していかず、後方待機策を選択したM.デムーロ騎手の好判断もあったが、0秒1差の惜敗。4枠8番から戴冠したスターズオンアースとは、枠順の差が大きかった。

 これに対し、オークスで3枠6番の好枠を引けたサークルオブライフと、8枠18番のスターズオンアースは、桜花賞と真逆といえる枠。今度こそ勝利の女神が微笑むかに思われたが、スタートで出遅れる致命的なロスも響いて9着に大敗してしまった。

 レース後、デムーロ騎手が「ゲートの中でイライラしていました」と振り返ったように、サウンドビバーチェの放馬によるアクシデントでレースを待たされたことも、サークルオブライフの集中力を切らしてしまったのかもしれない。

 これには元JRA騎手の安藤勝己氏も「オークスは大観衆かつ放馬でスタート待たされた影響で、集中力切れた馬が多かった。あの展開なんて際たるもん。スターズオンアースは人馬で精神力が強かったってことやろね」と、自身のTwitterで指摘していた。

 ただ、やはり気になるのは、今年のG1で1番人気に支持された馬が未勝利という目を逸らせない事実だ。重賞レースまで広げても、2月の小倉大賞典(G3)のアリーヴォがストップさせるまで18連敗。2022年は新年早々から1番人気馬受難の雰囲気が漂っていた。

 開幕戦のフェブラリーSからオークスまで含む9連敗。これは1984年にグレード制が導入されてから過去にない不振であり、7連敗目となったNHKマイルCから更新を続けている。

 レースにおける出走馬の人気は、あくまで人が作り出すものだけに、偶然といえば偶然なのだが、G1でもこれだけ続くと気味が悪くなる。

 オークスにしても、過去10年の半数にあたる5頭の優勝馬が1番人気だった。桜花賞の内容からも、近3年で2勝を挙げているデムーロ騎手なら問題ないように思われたが、出遅れた上に掲示板も確保できない着順。放馬による15分もの遅延にしても、想定外といわざるを得ない。ここまで来ると、見えない力でも働いているのかと疑心暗鬼になるレベルである。

ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊

 そこで気になるのは、日本ダービー(G1)の1番人気馬だ。

JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊の画像2
イクイノックス

 ちなみに『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズでは、イクイノックスの1番人気が濃厚(23日現在)。騎乗を予定しているルメール騎手は、オークスの勝利で昨年12月から続いた「JRA重賞29連敗」の泥沼から抜け出したばかり。

 否が応でもイクイノックスへの期待も大きくなるが、このままだと1番人気が勝てない「地雷」を気にするなというのも難しい。

 そうなると、今春のG1で不可解な後方待機策や出遅れの失態が続く武豊騎手のドウデュースや川田将雅騎手のダノンベルーガ、福永祐一騎手のジオグリフにとっては、絶好の追い風となるのではないか。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRAイクイノックスは「10番目」の地雷!? C.ルメール泥沼29連敗から脱出も…ダービーで追い風吹くのは「失態続き」の武豊のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  4. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  5. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  6. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  7. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリアにはもう騙されたくない!? 「違和感」拭えぬ前向きコメント…枠順や展開にも「不安要素」山積み
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)武豊「最低人気」でゴールドシップに真っ向勝負…レジェンドが初体験の「屈辱」に見せた意地
  10. JRA宝塚記念(G1)兄弟対決に割って入るのは「父親」の超人気薄!? 非根幹距離巧者と狙う3度目の正直