NEW

甘デジ新台「怒涛の1000発ループ」に期待! 安定感が魅力の大物も始動!!

【この記事のキーワード】, ,

甘デジ新台「怒涛の1000発ループ」に期待! 安定感が魅力の大物も始動!!の画像1

 パチンコ分野で好反響を得る甘デジスペック。遊びやすい確率に魅力的な要素を搭載したマシンが絶賛稼働中だ。

 今年4月には甘デジなのに「2000発」を実現した『PA巨人の星 明子2000Ver.』や、遊タイムと突然時短を搭載した『P花満開 月光GCA』がデビューを果たした。

 同時期にはサミーの「デジハネ1,500」シリーズ第2弾も登場。『デジハネP蒼天の拳 双龍』(サミー)の強烈な一撃性に、期待する声が続出していた印象だ。

 大当り確率は約1/99.9で、初当りの大半が時短となる仕様。「時短40回」での引き戻しを目指すというのがRUSHへの基本ルートだ。ST20回+時短20回orST20回+時短80回のRUSH中は50%で10R約1500発を獲得できる。

 このST20回で当選させることができれば最上位モード「天授の儀」へ突入。ここでは「ST20回+時短629回」が付与されるため、次回大当りが濃厚となる点もポイントだ。

 その出玉性能はシリーズ第1弾と同じくデジハネトップクラス。尖った仕上がりということで意見は様々だが、強烈な一撃性を称賛する声も浮上した。上半期を代表する甘デジ機とも言えるだろう。

 そんな「甘デジ×1500発」を投入したサミーは、6月にも「じっくり遊べる」人気シリーズを導入予定。「大当り後は100%」RUSH突入の安定スペックが間もなく降臨する。

『デジハネPA火曜サスペンス劇場 最後の推理』(サミー)

■大当り確率:約1/99.9→約1/69.7
■賞球数/カウント:1&4&5&10/10C
■確変割合:ヘソ・100% 電チュー・100%
■転落確率:1/67
■電サポ回数:70回or120回or70回+α or 120回+α
■突サポ(ヘソのみ発生):70回
〇〇〇

 片平なぎさと船越英一郎の名コンビが事件解決に挑む。本機は昨年8月に登場した『P火曜サスペンス劇場 最後の推理』の甘デジスペックで、大当り後は100%RUSHがスタートと安定感の高さが特徴だ。

甘デジ新台「怒涛の1000発ループ」に期待! 安定感が魅力の大物も始動!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合