NEW

JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇

JRA最強世代の超新星が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも他人事ではない名馬達の自爆劇の画像1
サークルオブライフ

「ゲートの中でイライラしていました」

 22日に行われたオークス(G1)で1番人気サークルオブライフに騎乗したM.デムーロ騎手は、スタート直前にパートナーの異変を察知していた。

 しかし、百戦錬磨の名手であっても悪い流れを断ち切ることは出来なかった…。

 放馬により待たされた影響もあってか、同馬はスタートで痛恨の出遅れ。最後方からの挽回は叶わず、デビュー以来初の掲示板外となる12着に敗れた。

 前走で4着だった桜花賞(G1)からの巻き返しが期待されたものの、スタート後のわずか数秒足らずで生涯一度の大舞台は呆気なく幕を閉じた。多くの競馬ファンが改めてスタートの重要性に気付かされたレースでもあった。

 たとえ距離が2400mあるとはいえ、G1で出遅れてしまえばそれは致命的となる。「世紀の大出遅れ」とまで言われたゴールドシップの2015年の宝塚記念(G1)をはじめ、多くの名馬達が幾度となくスタート時の“自爆”により涙を飲んできた。

 29日に行われる日本ダービー(G1)においても、過去に大きな人気と期待を背負いながらも出遅れにより裏切ってしまった馬がいる。それは、2010年の同レースで6着に敗れたペルーサである。

 後に天皇賞・秋(G1)を勝利するエイシンフラッシュが制したこの年のダービーは、「史上最高メンバー」として語り継がれるほどの錚々たる顔ぶれだった。

 レース前日に当時の日本レコードでNHKマイルC(G1)を制したダノンシャンティが出走取消となったものの、皐月賞馬ヴィクトワールピサ、翌年に天皇賞・春(G1)を勝利するヒルノダムール、前年の朝日杯FS(G1)の覇者ローズキングダム、後に海外のクイーンエリザベス2世C(G1)を勝利するルーラーシップなど強敵揃い。

最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)

 そのなかでも、デビューから3連勝して臨んだ青葉賞(G2)で2着のトゥザグローリーに4馬身差をつける圧勝を決めたペルーサが、ヴィクトワールピサと人気を分け合うほどの“超新星”として大きな注目を集めていた。

JRA最強世代の“超新星”が「秒で終わった」日本ダービー(G1)から12年…イクイノックスやダノンベルーガも“他人事ではない”名馬達の自爆劇のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!