NEW

パチスロ設定1でも「ボーナス確率は約1/52」の甘さが魅力…5号機初のボーナス非搭載機

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ設定1でも「ボーナス確率は約1/52」の甘さが魅力…5号機初のボーナス非搭載機の画像1

■5号機初のボーナス非搭載機種って?

 パチスロとは切っても切れない関係にあるものといえば「ボーナス」ですよね。ボーナス図柄を揃えたあとは小役が連続して入賞しメダルが増えるというものですが。いつの時代からか「リアルボーナス」や「疑似ボーナス」などと呼ばれるようになっていました。

「リアルボーナス」と「疑似ボーナス」の違いがわからないという人も多いかと思いますが、めちゃくちゃ簡単に説明すると【ボーナス中が「AT」や「ART」で構成されているか、いないか】というだけなのです。

「リアボ」こと「リアルボーナス」は特定の図柄(ボーナス図柄)を揃えることで小役確率が変わり、連続して揃うようになり出玉が増えるといったもの。『ジャグラーシリーズ』(北電子)でおなじみのシステムですね。

 それに対して「疑似ボ」こと「疑似ボーナス」は「AT」や「ART」を使用してボーナスにみせかけているだけなんです。まぁ、知らないから出玉的に損するわけではないですが。

 現在では「疑似ボ」のみ搭載で「リアボ」は非搭載といった機種も多く発売されていますね。機種名だけで古今東西ゲームが遊べちゃうくらいです。

 しかし「5号機で初めてボーナス非搭載の機種は?」といわれて答えられる人はどれだけいるでしょうか? 筆者も調べるまで知りませんでした…(笑)。遊技したことはあるんですけどね。

■ARTで出玉を増やす機種は多いけど…。

 では早速「5号機で初めてボーナス非搭載の機種」の答えを発表しましょう。それは2009年にオーイズミより導入された『甘ぴかっ』でした。

 通常時はCZからART「甘ぴかボーナス」を目指します。「甘ぴかボーナス」は1セット30G、純増枚数は1Gあたり約1.9枚のARTとなっています。

パチスロ設定1でも「ボーナス確率は約1/52」の甘さが魅力…5号機初のボーナス非搭載機のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合