NEW

元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……

元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で酷評されたのは……の画像1
ジオグリフ

 29日に開催される今年の日本ダービー(G1)は、皐月賞(G1)の上位4頭ジオグリフ、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガの4強対決が大きな注目を集めている。

 朝日杯フューチュリティS(G1)でドウデュースに、共同通信杯(G3)でダノンベルーガに完敗したジオグリフ、昨年11月の東京スポーツ杯2歳S(G2)以来の出走となったイクイノックス、前走の弥生賞ディープインパクト記念(G2)でまさかの敗戦を喫したドウデュース、右回りに不安があるダノンベルーガ……。

 4者が4者とも様々な不安を抱えたまま迎えたクラシック開幕戦だったが、結果は先述した通り。0.3秒差に4頭がひしめく混戦となったが、舞台を中山2000mから東京2400mに替えて第2ラウンドが間もなく行われようとしている。

 逆転か、防衛か――。大きなカギを握っているのは、第2戦目への「上積み」だろう。特に状態面に関しては素人では目に見えない部分もあり、これが競馬の難しさの1つでもある。

細江純子さんがダービー4強の「上積み」を語る

 

「皐月賞からは、まるで別馬――」

 そんな中『netkeiba.com』の『プロが指南するパドック診断』に登場したのが、元JRA騎手の細江純子さんだ。細江さんといえば、日曜の競馬中継でお馴染みの『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)にてパドック解説を行っているほどの“目利き”である。

 そんな細江さんはジオグリフ、イクイノックス、ドウデュース、ダノンベルーガの4強に対しては、漏れなく「皐月賞よりも上積みがある」とジャッジ。詳細はぜひ本記事をご覧いただきたいが、中でも「まるで別馬」と抜群の評価を下したのが、皐月賞4着からの逆転を狙うダノンベルーガだった。

「4強の中で、日本ダービーに向けて最も状態面の上積みが期待できるのが、昨年11月以来のレースとなったイクイノックス。ただ、右回りに不安を持つダノンベルーガも当初は皐月賞を回避する予定で、急遽参戦した経緯があります。それだけに、陣営も早くから最大の目標に左回りのダービーを掲げていました。細江さんも『ダービーを目標に作り上げている感が凄い』と絶賛されていますね」(競馬記者)

元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で酷評されたのは……の画像2
キラーアビリティ

 一方で、細江さんから「素軽さが見えないようにも」と厳しいジャッジを下されたのが、皐月賞13着からの巻き返しを狙うキラーアビリティだ。

 ホープフルS(G1)の覇者として、皐月賞では4番人気支持されたが、大きな見せ場を作ることはできなかった。細江さんは「(皐月賞より)よくなっている印象を受ける」と評価しているものの、物足りない面があるようだ。

 果たして、日本ダービーも再び4強が幅を利かせるのか。それともキラーアビリティら伏兵陣が勢力図を塗り替えるのか。馬にとっては生涯に一度の競馬の祭典、悔いのない走りを期待したい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

元JRA細江純子さん「皐月賞とは、まるで別馬」イクイノックス、ドウデュースら日本ダービー(G1)4強「上積み」であの馬を絶賛! 一方で“酷評”されたのは……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!