NEW

JRAキタサンブラックもキングヘイローも赤っ恥の14着大敗……日本ダービー(G1)イクイノックスにかかる雪辱

JRAキタサンブラックもキングヘイローも赤っ恥の14着大敗……日本ダービー(G1)イクイノックスにかかる雪辱の画像1
イクイノックス

 いよいよ29日、東京競馬場では日本ダービー(G1)が行われる。競馬の祭典とも呼ばれる、日本競馬において最も名誉あるレースであり、今年もその舞台にふさわしい18頭が世代の頂点をかけて激突する。

 今年は重賞勝利馬が除外対象となるほどのハイレベルなメンバーが集結したが、その中でも特段の注目を集めているのがイクイノックス(牡3歳、美浦・木村哲也厩舎)である。

 昨年の東スポ杯2歳S(G2)から異例の直行ローテでの皐月賞(G1)参戦も、日本ダービーを見据えてのもの。皐月賞の戦前から主戦のC.ルメール騎手も、「たぶん次のレース(日本ダービー)は勝てる」とコメントしており、日本ダービーへ並々ならぬ自信が伺える。

 約5か月の休み明けで臨んだ皐月賞でも2着に好走し、世代トップクラスの実力を証明。今回は一度叩いた分で状態もさらに上向きと思われ、ダービーへ向けて死角無しといった状態だ。だが一方で、イクイノックスの血統表を眺めると、とある不安が影を落とす。

イクイノックスの血はダービーと「相性」最悪?

 

 イクイノックスの父・キタサンブラックはG1・7勝、20年には顕彰馬にも選出された、言わずと知れた平成を代表する名馬である。実力はもちろんのこと、レースでは抜群の安定感を誇り、キャリアの中で3着以内を外したのはわずかに2度のみ。

 しかし、その内の1つが日本ダービーであった。

 キタサンブラックはデビュー以来無傷の3連勝でスプリングS(G2)を制覇、続く皐月賞でも3着に好走し、順調な臨戦過程で日本ダービーへと駒を進めた。

 日本ダービーでは道中で2番手につけたキタサンブラック。だがこの年の日本ダービーは前半の1000m通過が58.8秒というハイペースでレースが進み、結果的に先行勢には厳しい展開に。先行したキタサンブラックも流石にこのペースは応えたようで、最後の直線ではあえなく失速。勝利したドゥラメンテを含めて、上位の馬のほとんどは後方から脚を伸ばした馬であった。

 展開に泣き、結果的に14着に大敗したキタサンブラック。この日本ダービーでの敗戦は、キャリアにおいて唯一となる2桁着順での敗戦となっている。

 同様に、イクイノックスの母父にあたるキングヘイローも、期待されながら日本ダービーで結果を残せなかった苦い過去がある。

 キングヘイローは2歳(当時表記3歳)時に無傷の3連勝で東スポ杯3歳S(G3)を制覇。クラシック戦線ではスペシャルウィーク、セイウンスカイと共に「3強」として高い評価を受けていた。皐月賞では敗れこそしたものの、その評価に恥じない2着に好走。日本ダービーに向けても大きな期待が寄せられていた。

JRAキタサンブラックもキングヘイローも赤っ恥の14着大敗……日本ダービー(G1)イクイノックスにかかる雪辱のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!