NEW

パチスロ新台「自力感&AT中のイケイケ感」は最高! ただ、注意したいのは…【濱マモルののほほんコラムVol.150~脱一撃仕様~】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ新台「自力感&AT中のイケイケ感」は最高! ただ、注意したいのは…【濱マモルののほほんコラムVol.150~脱一撃仕様~】の画像1

 一撃万枚。かつては壮大なビジョンを描きながらレバーを叩いたもので、実際に4号機『ミリオンゴッド』や5号機『魁!!男塾~天桃五輪大武會編~』など、ノンストップで万枚を突破させたことは多々あるが、実際、そんなシチュエーションを体感できるのはごくごく稀なことだ。

 狂ったように打ち乱れた3号機や4号機中期までの各種裏モノ。終日で万枚を達成したことは幾度となくある一方、振り返れば一撃で万枚以上を吐き出させたのは4号機『リズムボーイズ』くらい。

 とは言え、コイツも状態中と言いながらも200G以上ハマることもあるし、正直、一撃感はあまりなく、一気大量出玉にこだわりがあるかと問われれば、そこまでないかもしれない…というのが本音だ。

 むしろ、ハイスペックATに限っては、速攻で駆け抜けるケースが多々。周知の通り、期待感と相まってその絶望感はハンパないわけで、こんな気持ちを味わうくらいならば、一気大量出玉は見込めないものの、そこそこの出玉は高確率で獲得できるマシンがあればいいなぁ…などと常々考えていたところ、先日、ホントにそんなマシンが登場した。サミーの『ぱちすろ けものフレンズ』である。

「自力感&AT中のイケイケ感」は最高!

 本機は1G純増約9.5枚のAT機能「ジャパリタイム」。突入後は1セット10G+αが約88%でループし、初当りの2回に1回は最大6セット、600枚程度の出玉を獲得できる。

 また、AT終了後の1周期目は「ナイトサファリ」へ移行し、約50%でAT再当選。この「けもループ」と呼ばれる最大約600枚のループで大量出玉を目指すという流れだ。

 初当りでの一撃性を捨てた、ある意味、割り切った仕様。ショールームで試打させていただいた際、AT中の完全告知はやたらと気持ち良かったし、こりゃあホールに導入されたら打つしかないだろうと感じたわけで、早速、ホールで打ってみると、いやはや、想像以上の面白さであった。

 詳しい仕様はパチスロ必勝ガイド誌面や当サイトの記事などをご覧いただくとして、周期到達後のジャパリトロッコ中は自力感満載。AT中のイケイケ感は言わずもがなであり、その後のナイトサファリもフレンズ招集&レベルアップを狙うべく、毎ゲームのレバーONに力がこもること必至なのである。

 加えて、周期開始時にスタートする「アニマルちゃんねる」も地味に重要。ここで紹介されたフレンズが初期フレンズとして追加され、これが継続する都度、フレンズも増えるわけだから、続けば続くほど周期到達時のクリア期待度はアップする。実戦上、チャンス役成立時は高確率で継続したし、おそらくは消化中の小役で継続抽選が行われていると思われる。

ひとつだけ分かったことは…

 実戦結果は、AT当選6回で完走は2回、けもループは最高2連。やれたのかやれなかったのかは不明だし、収支はほぼチャラだったが、ひとつだけ分かったことは、低設定は危険すぎるという点。

 夕方からサクッと遊べるマシンかと思いきや、それは大きな勘違いであり、基本的に後ろの周期ばかりで当選している台は気を付けた方がいいかもしれません。そんな台を打ち続けている人、ホントにキレそうな顔をしておりました。
 
パチスロ新台「自力感&AT中のイケイケ感」は最高! ただ、注意したいのは…【濱マモルののほほんコラムVol.150~脱一撃仕様~】の画像2(文=濱マモル)
〈著者プロフィール〉
 神奈川県横浜市出身。レコード会社勤務の後、フリーライターへ転身。パチンコ・パチスロやギャンブル系を中心に、野球、音楽、街情報など幅広い分野で執筆する。特技は料理と飲酒で、超常現象好き。ドラマーとしての顔も持つ。
Twitter(@hamamamoru777):濱マモル

パチスロ新台「自力感&AT中のイケイケ感」は最高! ただ、注意したいのは…【濱マモルののほほんコラムVol.150~脱一撃仕様~】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合