NEW

JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただく

JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただくの画像1

 今回は「競馬の祭典」世代の頂点を決める一戦、日本ダービー(G1)を予想していく。

 先週だが、平安S(G3)は◎→▲→△で的中。久しぶりに的中をお届けできたが、テーオーケインズの強さばかりが目立つレースで、◎が来るのはやはり当然であった。▲のケイアイパープルは思った通り人気はなかったが、オッズはそれほど低くなく、△のメイショウハリオが3番人気まで上がってしまったため、配当もギリギリトリガミだけは逃れたという感じだった。

 オークス(G1)は、まさか2冠はないと思っていたスターズオンアースの2冠達成。3着のナミュールはもちろん予想の範疇だったが、2着が想定外のスタニングローズ。フラワーC組はオークスに実績がないので完全に予想の外だっただけに、これはもう諦めるしかない馬券だった。

 さて、予想に戻ろう。

 例によって過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見てみたい。
皐月賞 20頭
青葉賞、京都新聞杯 各4頭
毎日杯、プリンシパルS(L) 各1頭
と非常にわかりやすい。大勢を占めるのはやはり前走皐月賞組。過去10年で2冠を達成したのは20年のコントレイルと15年のドゥラメンテの2頭だけで、コントレイルはご存じの通り無敗の3冠を達成している。牝馬に比べると2冠の確率は低く、皐月賞馬も健闘しているが、2着、3着に留まることが多い。むしろ皐月賞大敗で巻き返してきた馬も少なくないので、要注意だろう。別路線組は内容を吟味して取捨すべきか。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 3-2-2-3
2番人気 1-2-1-6
3番人気 3-3-1-3
4~6番人気 2-3-0-25
7~9番人気 0-0-3-27
10番人気以下 1-0-3-83
となっている。1番人気と3番人気はそこそこ信頼できる数字と言える。対して2番人気がアテにしづらい数字なのだが、近5年に絞ると18年と昨年以外は馬券に絡んでいる。また、この5年で9番人気以下が4頭馬券に絡んでおり、それぞれ別路線で好成績も人気になっていなかったり、皐月賞で大敗して人気を落としたところからの巻き返しで好走している。人気薄も前走内容など見極める必要はありそうだ。

JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただくの画像2
アスクビクターモア

 これらを踏まえて「◎」は思いのほか人気していない3番アスクビクターモアとする。

 前走は皐月賞(G1)で、ハナを奪ったものの直線で粘りきれず5着までという競馬だった。前目で競馬することで好成績を残してきた本馬。運良く内枠に入ったことで、逃げでも番手でもロスなくポジションを確保できる有利さがある。

 また、近年はさほど奮わない結果となっているが、弥生賞馬とダービーの相性が良好なことや血統的にもディープインパクト産駒が4連勝しているなど、無視できないデータがある。2400mはもちろん未経験ではあるが、母父が長距離血統のレインボークエストであることを考えると不安はなかろう。

 陣営も前走については評価しており「馬が落ち着いてきている」ということで距離もこなせるだろうとコメントしている。幸い、皐月賞では大敗せず入着を確保したので、ここでの巻き返しは十分可能性があると見ている。負ければ着外だろうが、ピンかパーのピンの方に可能性を懸けて本命としたい。


「○」は本命視されているが、18番イクイノックスを推す。

 前走はやはり皐月賞で、ジオグリフとの叩き合いに屈して2着となっている。

 大外枠に入ったことで、不利を囁く声が急速に高まっているようである。実際、18番での勝利は01年のジャングルポケットまで遡らないとないというデータもある。

 が、オカルトチックで申し訳ないのだが、先週のオークス(G1)で大外枠不利が囁かれたスターズオンアースがまんまと2冠を達成してしまった。こういうものは連鎖するもので、判で押したように鞍上も再びC.ルメール騎手。

 そこまで重賞勝ちがまるでなかったのがウソのようにいきなり今年の初重賞をG1で飾るあたり、出来過ぎの感すらある。でも勝負事とはそういうもので、時にはゲン担ぎも有用だったりする。

 陣営からも景気のいい声が聞こえてきており、馬の状態も非常にいいという。前走で2着と申し分ない成績で臨んでいるだけに、データ的にも枠以外に不利な要素がない。人気していても黙って押さえるのが妥当だろう。

JRA【日本ダービー(G1)予想】川田将雅×ダノンベルーガは迷わず切り! 期待値の高い実績馬の好走で意外な高配当をいただくのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  6. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  7. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  8. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA【CBC賞(G3)展望】川田将雅と実力馬が再タッグ!連覇狙うファストフォース松山弘平と同厩舎対決!