NEW

JRA「伝説は死んだ」武豊×ドウデュースは容赦なく消し。4強頂上決戦は無情の「1点買い」で勝負『日本ダービー(G1)予想』

【この記事のキーワード】, ,

JRA「伝説は死んだ」武豊×ドウデュースは容赦なく消し。4強頂上決戦は無情の「1点買い」で勝負『日本ダービー(G1)予想』の画像1

 29日に東京競馬場で行われる日本ダービー(G1)を予想する。

 今年は前日段階でもどの馬が1番人気になるのかわからないほどの混戦だが、皐月賞後に行われた青葉賞(G2)、京都新聞杯(G2)、プリンシパルS(L)で勢力図を塗り替えそうな大物は出たおらず、やはり皐月賞組が中心となるだろう。

 中でも勝ったジオグリフを筆頭に、2着イクイノックス、3着ドウデュース、4着ダノンベルーガの力が抜けており、5着アスクビクターモアが世代屈指の中山巧者だったことを考慮すると、今回も4強が中心になりそうだ。どう組み合わせても高配当が望めない以上、馬券妙味は薄いレースと言わざるを得ない。


 そこで今回は1点で勝負する。「◎」は12番ダノンベルーガだ。

 前走の皐月賞では4着ながら、勝ったジオグリフ、2着イクイノックスには完敗といった内容だった。しかし、レース後に川田将雅騎手が「この枠でできる最大限の走りをした」と話していた通り、1枠1番という枠順が仇に。終始内に閉じ込められたまま、最後は馬場の悪くなったインを通らざるを得なかった。

 もともと陣営は右回りに不安を覚えており、共同通信杯(G3)勝ちのある東京に替わるのは大きなプラス。また当初は皐月賞を回避する予定で、参戦を決めたのは直前になってからだった。そういった意味でも状態面の上積みも大きく、陣営からも「皐月賞を使う前より研ぎ澄まされた」と自信のコメント。

 共同通信杯の2着がジオグリフ、3着がスプリングS(G2)勝ちのビーアストニッシドという内容からも、この走りが再現できれば戴冠の可能性は十分にあるはずだ。

JRA「伝説は死んだ」武豊×ドウデュースは容赦なく消し。4強頂上決戦は無情の「1点買い」で勝負『日本ダービー(G1)予想』の画像2
ジオグリフ

「〇」 は皐月賞馬の15番ジオグリフだ。

 前走の皐月賞では、先に抜け出したイクイノックスをきっちりと捕らえての戴冠。世代の中心に躍り出た。今回は400mの距離延長に加えて、皐月賞は福永祐一騎手が自画自賛するほど完璧な内容だったことから、5番人気だった皐月賞時と同じような立場で迎えることになりそうだ。

 父ドレフォンがダートの短距離で活躍した馬だけに、距離延長を嫌う声もある(福永騎手もその中の1人だ)が、父はまだ昨夏に産駒がデビューしたばかりの新米種牡馬。あのロードカナロアからアーモンドアイが出たように、種牡馬による距離適性はもっとサンプルが揃ってから考えるべきだ。さらに言うなら、アーモンドアイのような突然変異の前では血統の常識など、あっさりと消し飛ぶ。ジオグリフも、いずれ規格外の存在になるはずだ。

 オークスのスターズオンアースがそうだったように、どんな理由があろうと、やはり勝ち切った馬は強い。福永騎手が上手く乗ったことは確かだが、決して展開に恵まれたというわけではない。この評価はやや舐められ過ぎた。

JRA「伝説は死んだ」武豊×ドウデュースは容赦なく消し。4強頂上決戦は無情の「1点買い」で勝負『日本ダービー(G1)予想』のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか