NEW

JRA【安田記念(G1)展望】“謎”の凡走シュネルマイスターは「国内実績」断然も、勢いなら「4連勝」イルーシヴパンサー&ソウルラッシュ

JRA【安田記念(G1)展望】謎の凡走シュネルマイスターは「国内実績」断然も、勢いなら「4連勝」イルーシヴパンサー&ソウルラッシュの画像1
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 6月5日、東京競馬場では上半期のマイル王を決める安田記念(G1)が行われる。今後のマイル路線を占う意味でも非常に重要なレースとなりそうだ。

 昨年のNHKマイルC(G1)を制したシュネルマイスター(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、同じ府中マイルでG1・2勝目を狙う。

 昨年は唯一の3歳馬として安田記念にも挑戦。ダノンキングリーとグランアレグリアに最後まで食らいつき、僅差の3着に入った。

 秋は毎日王冠(G2)から始動し、ダノンキングリーに雪辱を果たしたが、続くマイルCS(G1)ではグランアレグリアと追い比べの末、3/4馬身差で2着に敗れた。

 今年は初の海外遠征を敢行。3月のドバイターフ(G1)で始動し、単勝1.7倍の1番人気に支持された。レースでは中団を進んだが、馬群で揉まれる厳しい競馬。直線ではいつもの手応えを欠き、8着に敗れた。

 レース後、C.ルメール騎手は「直線では加速せずワンペースの走りで、最後は(馬が)疲れてしまいました。原因は分からない」とコメント。単にメイデン競馬場の芝が合わなかったのか、1800mの距離か、明確な敗因はつかめないまま、帰国初戦を迎える。

 ドバイでの凡走後は一部で “早熟説”も浮上したが、払拭するには勝利しかないだろう。前走の不可解な敗戦、そして帰国初戦という不安は残るが、これまで国内で先着を許したことがあるのはタイトルホルダー、ダノンキングリー、グランアレグリアの3頭だけ。今年のメンバー構成からも勝利に最も近い存在なのは間違いないだろう。

 手塚師とルメール騎手が「ベストは1600m」と口をそろえたように、この距離では負けるわけにはいかない。

JRA【安田記念(G1)展望】謎の凡走シュネルマイスターは「国内実績」断然も、勢いなら「4連勝」イルーシヴパンサー&ソウルラッシュの画像2
イルーシヴパンサー 撮影:Ruriko.I

 シュネルマイスターの他にもG1馬は4頭いるが、相手筆頭に挙がるのが目下4連勝中と勢いに乗るイルーシヴパンサー(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎)だ。

 昨年は皐月賞(G1)で10着に敗れると、1勝クラスから再スタート。6月に田辺裕信騎手と初コンビを組むと本格化し、東京コースで怒涛の4連勝を決めた。

 特に強さを示したのは前走の東京新聞杯(G3)。スタートでごちゃつき、後方2番手からの競馬となったが、4角で外に出されると、温存していた末脚が爆発。悠々と差し切ってみせた。

 ゴール手前では鞍上が手綱を緩めるほどの余裕も見せた圧巻の内容に、田辺騎手は「僕もびっくりしました」と目を丸くし、「成長は感じていたものの、これほどあっさり差し切ってくれるとは」と想像を超えるパフォーマンスに舌もいつも以上になめらかだった。

「G1に向けて今後楽しみです」と抱負を語っていた田辺騎手。陣営は放牧を挟んで4か月ぶりでぶっつけ本番を選択した。1週前追い切りを見届けた久保田師も「順調に来ている」「東京マイルはピッタリ」と自信をのぞかせており、5連勝での戴冠に期待がかかる。

 4歳世代の牝馬2頭にもチャンスがある。

JRA【安田記念(G1)展望】“謎”の凡走シュネルマイスターは「国内実績」断然も、勢いなら「4連勝」イルーシヴパンサー&ソウルラッシュのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか