NEW

JRA【鳴尾記念(G3)展望】エアグルーヴ、ラヴズオンリーユーら名牝も苦杯!? ジェラルディーナに立ちはだかるのは「池江泰寿厩舎×D.レーン」ヴェルトライゼンデ

JRA【鳴尾記念(G3)展望】エアグルーヴ、ラヴズオンリーユーら名牝も苦杯!? ジェラルディーナに立ちはだかるのは「池江泰寿厩舎×D.レーン」ヴェルトライゼンデの画像1

 6月4日、中京競馬場では今年で75回目を迎える伝統の鳴尾記念(G3)が行われる。

 昨年はユニコーンライオンがこのレースを勝利。宝塚記念(G1)でも果敢な先行策で2着に逃げ粘った。今年も春競馬の総決算レースを見据える馬が揃いそうだ。

 昨年夏から秋にかけて条件クラスを3連勝したジェラルディーナ(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)は改めて重賞初勝利を視界に入れている。

 4連勝を懸けた昨年12月のチャレンジC(G3)で2番人気に推されたが、外を回った馬が上位を独占した中、終始インを通っての4着に敗れた。

 今年は京都記念(G2)で始動し、またも4着に敗退。その後、大阪杯(G1)を除外され、翌週の阪神牝馬S(G2)に向かったが、久々の距離短縮でやや追走に苦労した。それでも最後方から直線脚を伸ばして0.4秒差の6着まで追い上げた。

 今回は再び距離を延長して福永祐一騎手が手綱を取る。オープン昇級後は3戦続けて馬券圏外に沈んでいるが、近2戦はどちらも上がり最速を記録しているように切れ味は一級品。展開が向けば、突き抜けてもおかしくないだろう。

 ただし近年の鳴尾記念は、牝馬にとって鬼門のレースとなっている。牝馬の優勝は1992年のタケノベルベットが最後。それ以降の30年間で19頭の牝馬が出走するも、牡馬・セン馬の壁に阻まれている。

 19頭の中にはダンスパートナー、エアグルーヴ、ラヴズオンリーユーといった名牝もいたが、牡馬の牙城を崩せていない。ジェラルディーナは壁を突き破ることができるか。

JRA【鳴尾記念(G3)展望】エアグルーヴ、ラヴズオンリーユーら名牝も苦杯!? ジェラルディーナに立ちはだかるのは「池江泰寿厩舎×D.レーン」ヴェルトライゼンデの画像2
ヴェルトライゼンデ

 1年5か月ぶりの実戦復帰となるヴェルトライゼンデ(牡5歳、栗東・池江泰寿厩舎)も、実績的にG3ならいきなり激走しても驚けない。

 2年前のクラシック三冠すべてに出走したコントレイル世代の1頭で、日本ダービー(G1)では3着に入っている。他にもホープフルS(G1)、スプリングS(G2)、神戸新聞杯(G2)、AJCC(G2)の4つの重賞で2着の好走実績がある。

 昨年1月のAJCC後に右前屈腱炎が判明し、長期休養していたヴェルトライゼンデだが、今月上旬に栗東に帰厩。復帰戦に向けて出走態勢は整いつつある。

 久々の実戦でコンビを組むのはD.レーン騎手だ。初来日した19年にはメールドグラースでこのレースを制覇。その後、レーン騎手の地元オーストラリアで行われたコーフィールドC(G1)を同コンビで制している。

 管理する池江師も鳴尾記念は通算5勝(12、15~18年)と好相性を誇る。1週前には栗東坂路で50.9秒-11.7秒のハードトレーニングを課して着実に上昇。長期休養明け初戦で重賞初勝利を挙げられるか。

JRA【鳴尾記念(G3)展望】エアグルーヴ、ラヴズオンリーユーら名牝も苦杯!? ジェラルディーナに立ちはだかるのは「池江泰寿厩舎×D.レーン」ヴェルトライゼンデのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか