NEW

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる“嫌な予感”

【この記事のキーワード】, ,
JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる嫌な予感の画像1
C.ルメール騎手

 今週もまた名手の前に立ちはだかるのは“あの騎手”なのだろうか。

 29日、東京競馬場で行われた日本ダービー(G1)は武豊騎手の3番人気ドウデュースが後方から鮮やかな差し切り勝ち。「4強」と呼ばれた一戦を制し、大観衆の前で競馬界のレジェンドが大いに存在感を示した。

 その一方で、直線ではその背中をがむしゃらに追いながらも、わずかクビ差で栄光を掴み損ねたのが2番人気イクイノックスに騎乗したC.ルメール騎手だ。

「直線でドウデュースの外へ出した時は勝てると思いましたが、ドウデュースもまた伸びました。18番枠もありました……」

 レース後にはそう語っていた鞍上。枠・展開・道中の位置取りなど、ダービーという大舞台でのほんの少しの差が2人の「明暗」を分けた。

 しかし、トップジョッキーだけに、いつまでも過去の敗戦を引きずるわけにはいかないはず。

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる嫌な予感の画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 今週末6月5日に行われる安田記念(G1)には、シュネルマイスター(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)に騎乗を予定しているルメール騎手。パートナーは『netkeiba.com』で公開されている現在の予想オッズで想定1番人気となっている。手痛い惜敗から気持ちを切り替えて、改めて大一番へ臨みたいところだ。

 そんなルメール騎手にとって、気になるライバルに朗報が飛び込んだ。

「先週の25日に、ダービー馬ドウデュースなどを所有するキーファーズの公式サイト『キーファーズサロン』にて、シャランガーナを管理する清水久詞調教師が『豊さんは安田記念ですので』とのコメントが見受けられました。

ですが、その時点では安田記念登録馬の想定騎手に武豊騎手の名前はなく、ファンの間では『一体どの馬に乗るのか』という考察がネットの掲示板やSNS等で始まっていました。

候補は複数いましたが、なかでもファンが最も切望していたのが前走のヴィクトリアマイル(G1)で2着したファインルージュ。どうやらその可能性が高そうですよ」(競馬誌ライター)

ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?

 そのファインルージュの前走に騎乗したのはルメール騎手だが、今回は自身とのコンビで昨年のNHKマイルC(G1)を制したシュネルマイスターへの先約があったためコンビを組むことは出来ず。

JRA安田記念(G1)ダービーに続きC.ルメール「最大の敵」は武豊!?「単勝1.3倍」アーモンドアイ敗戦の悪夢から2年、名手によぎる“嫌な予感”のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合