NEW

JRA武豊「凱旋門賞の夢」遠のいたダービー!? オグリキャップVSホーリックスの衝撃から33年…日本競馬の「迷走」も浮き彫りに

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊「凱旋門賞の夢」遠のく歴史的勝利!? オグリキャップVSホーリックスの衝撃から33年…日本競馬の「迷走」も浮き彫りにの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 29日、東京競馬場で開催された競馬の祭典・日本ダービー(G1)は、武豊騎手の3番人気ドウデュース(牡3、栗東・友道康夫厩舎)のコンビが、C.ルメール騎手×イクイノックスとの叩き合いを制して3歳世代の頂点に立った。

「ダービーのウイニングランの景色は僕自身久しぶりでしたし、ジョッキーをやっていてこれほど幸せな瞬間はないですね。これからもドウデュースとともに世界も含めて頑張っていきたいと思います」

 史上最多となるダービー6勝の偉業を達成したレジェンドも、2013年キズナ以来の勝利に感無量。「世界も含めて」という言葉には、武豊騎手が夢と公言する凱旋門賞(仏G1)挑戦の意味も含まれている。

「ポジションが結果的に後ろだったかもしれません」

 レース後にそう振り返った武豊騎手自身も悔やんだ皐月賞(G1)は、後方14番手から上がり最速の脚で追い上げるも3着。結果的に先行勢に有利だった前残りの展開に不覚を取った。

 しかし、今回はデシエルトが軽快に飛ばしたこともあり、前半1000m通過が58秒9という後ろの馬には絶好の流れ。小回りの中山から直線の長い東京へのコース替わりも、切れ味を存分に生かせる追い風となった。

 そういう意味では、「最も運のある馬が勝つ」といわれるダービーらしい結果だったとも言える。

 ただ、既に登録を済ませている凱旋門賞に向け、陣営やファンの期待が高まる一方で、この勝利が夢の舞台での好走に繋がるのかとなると少々疑問が残る。

 底力を問われる東京の芝2400mで見事な勝利を挙げたドウデュースが、素晴らしい走りを披露してくれたことは確かだ。今後もトップクラスの1頭として日本競馬を引っ張っていく存在になってくれそうな雰囲気もある。

 懸念するのは、2分21秒9というスーパーレコードで勝利したことだ。これは秋のジャパンC(G1)を含めた勝ち時計でも歴代2位であり、異常な高速決着に終わった今年のダービーを物語っている。

オグリキャップVSホーリックスの衝撃から33年…

 そして、これほどまでのスピード決着に“対応できてしまった” ことは、むしろ凱旋門賞の好走が遠ざかる結果だったかもしれない。

JRA武豊「凱旋門賞の夢」遠のいたダービー!? オグリキャップVSホーリックスの衝撃から33年…日本競馬の「迷走」も浮き彫りにのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合