NEW

パチスロ「4号機鉄火場」時代に遭遇したヤバすぎる出来事…【松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛】

【この記事のキーワード】, ,

パチスロ「4号機鉄火場」時代に遭遇したヤバすぎる出来事…【松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛】の画像1

私がハマった4号機「いみそーれ」とホールで出会った金貸し男とその子分

 4号機末期の頃にハマったパチスロ「いみそーれ」がある。当時の東海地方は沖スロ天国であり、もっと私が早く大人なっていれば裏モノ全盛期に打てたのになーと思っている松戸檸檬です、どうもこんにちは。

 沖スロのシマはゴリゴリにガラがよろしくなく、ランプを際立たせるかのように薄暗くライトダウンされたシマにはそっち系の方達がウヨウヨいた。連日賑わう鉄火場に、老け顔で一度も補導をされたことがないとはいえ、若いピチピチだった私がいたんだから、当然目立っていたであろう。

 しかも、朝イチから本気で打っていたので、自分の事をこうやって表現するのはいささか不本意ではあるが、オタサーの姫状態だったのかもしれない。どちらかというとモテるどうこうよりも紅一点という意味合いの方が強いし、私はアニメ声でもなければ若干酒ヤケのハスキーボイスだ。しかしながら、そんな私にも声をかけてくる男性がいるわけで……。

 遡ること数ヶ月前、私のパチンコ人生においてあれは間違いなくエンペラータイムであろうという時、海物語で大箱を積み上げご機嫌で連チャンを消化していた日があった。私の通っていたホールはガラがよろしくなく、ホール内でも平気で金貸しが行われていた。

 常連さんから「ねぇねぇ金貸しがいるらしいよ」と聞いて間もない頃、シマの隅で打っていた私は何気なく壁際のベンチに座るガラが悪い男とおばあさんのやりとりを見てしまった。そう、まさに今、お金を貸すか否かを交渉している! おばあさんは指で2万だの、3万だの、貸してほしい本数を表し、男はそれはダメだの何だのと駆け引きをしていた。

 私は大ハマリを食らっていたのに、マリンリーチよりも魚群よりも、その2人の行く末の方が気になって仕方がなかった。おかげで魚群も外した。数分後には無事に交渉成立がしたようで書類等に記入し、2人はどこかに消えていった。見てはいけない物を見てしまった…! とドキドキした私は当然ボロ負けした。ホールに通うと色んな人のドラマがある。

パチスロ「4号機鉄火場」時代に遭遇したヤバすぎる出来事…【松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合