NEW

パチンコ分野に衝撃を与えた「制御方法」…大連チャンを生み出す名機!!

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ分野に衝撃を与えた「制御方法」…大連チャンを生み出す名機!!の画像1

パチンコ分野に衝撃を与えた「制御方法」

 どうも『電撃しらっち』です。今回はパチスロに続きパチンコも古い台にしてみました。1989年の三共『フィーバーレクサスⅥ D(6D)』です。

 このレクサスシリーズは5種類ほどあるのですが、打ったことがあるのはこの6Dを含めて3機種。当時は地域性もあったと思いますが、他2機種のレクサスは見たこともありません。

 そのレクサスシリーズ最大の特徴が業界初の『ステッピングモーター』を採用することで、ドラムの回転速度を変化させるということ。これにより一定のリズムでしか停止させることのできなかったドラム機は新たな境地へ…。

 したがってリーチ時にドラムをスロー回転させるなど、ドラムアクションの幅が広がったのです。そりゃ『ビタッ・ビタッ・ビタッ』と味気なく停止するのとはドキドキが全然違いますよね。

 従来のドラム機にはリーチアクションすらなかった訳ですから、リールがかかり回転がスローになるだけでも「来い来い来い来い!」という感じでかなりの緊張感がありました。

連チャン力も強力!リーチがかかった時のアツさは最高!

 ちなみにレクサスにはドラムが左・中・右の順に停止するタイプと左・右・中の順で停止するタイプがありましたが、本機V6Dは後者。絵柄も数字のみで7絵柄だけが大当りでしたが、兄弟機レクサスVにはSANKYO、FEVER等の大当り絵柄もありました。

 見ての通りセル盤のデザインもポップ調。ハネモノ全盛期でもありましたがギミックありきのそれとは違い、フィーバー機、デジパチは無機質的なデザインが大半でしたから新鮮な感じがしたのです。

パチンコ分野に衝撃を与えた「制御方法」…大連チャンを生み出す名機!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合