NEW

パチンコ人気メーカー「ぜひとも立ち直ってほしい」…刺激的な右ALL1500発マシンの原型を振り返る

【この記事のキーワード】, ,

パチンコ人気メーカー「ぜひとも立ち直ってほしい」…刺激的な右ALL1500発マシンの原型を振り返るの画像1

老舗メーカーとしてぜひとも立ち直ってほしい…

 この記事を書いているのは、令和4(2022)年5月30日の午後です。先程、パチンコ界隈で衝撃な話題が飛び込んできました。老舗パチンコメーカーの「株式会社 高尾」が同年月日、民事再生手続きを発表したというのです。

 同社によれば、2018年辺りから売り上げが減少し、2021年12月期に多額の営業損失を計上したそうです。その後、新型コロナウイルスの影響から売り上げがさらに減少し、資金繰りが極めて厳しい状況に陥って決断したとのことです。

 たまたまですが、高尾のRUSH中「ALL10R・1500発」という最高峰の性能を実現した『P一球魂GOLDピラミッ伝』に関連する記事を作成していたところ。本シリーズの原型を紹介しようとした矢先でした。同社の動向を見守りたいところですが、とりあえず今回は“その機種”を紹介いたします。

ピラミッドパワーで保留連チャン!?

 その原型となったのは、『ピラミッドX』です。平成6(1994)年辺りに登場した保留連チャン機です。大当り確率は234分の1で、大当り終了後で全ての保留に連チャンする可能性がありました。

『ピラミッド』という名称から、それらしいデジタル配置とセル盤面でした。私の記憶からですが、セル盤は2種類発表されていましたが、その1つに盤面右側にはクレオパトラっぽいキャラが描かれていました。もう1つの盤面は、盤面左右にスフィンクスが描かれているモノでした。

 同機種は赤いドットのデジタルでしたが、その配置位置が三角形になっていることから『ピラミッド』と名付けられたことと思います。ドット配置は、上が1個、中が2個、下が3個の配置です。玉がヘソに入ると、6個のデジタルが一斉に回転して、上→中→下の順番に停止します。

パチンコ人気メーカー「ぜひとも立ち直ってほしい」…刺激的な右ALL1500発マシンの原型を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合