NEW

JRA「ドラ1候補」は武豊で今週末デビュー! POGファン注目の2歳戦…ディープインパクトのラストクロップ他、総勢13頭をピックアップ

【この記事のキーワード】, ,

JRA「ドラ1候補」は武豊で今週末デビュー! POGファン注目の2歳戦…ディープインパクトのラストクロップ他、総勢13頭をピックアップの画像1

 競馬の祭典・日本ダービー(G1)の余韻が残る今週末。来年のクラシックを目指す2歳馬たちが早くもデビューを迎える。

 ここ10数年で2歳戦への注目度は高まる一方だ。最大の理由は競馬ファンの間でもはやお馴染みとなったPOG(ペーパーオーナーゲーム)の存在だろう。2020年に生まれた2歳馬にはどんなお宝が隠されているのか。今週末にデビューを迎える有力馬も含めた精鋭13頭を紹介したい。

POGファン注目の2歳戦、総勢13頭をピックアップ

 数多くあるPOG本でも取り上げられる頻度が高かった「ドラ1」候補がエゾダイモン(牡2歳、栗東・武幸四郎厩舎)だろう。

 実際に『JRA-VAN』と『netkeiba.com』の両POGで最多の指名者数を誇っている(2日現在)。仕上がりの早さも人気の理由の一つだ。早速、今週土曜の東京芝1600mで武豊騎手を背にデビューを予定している。

 血統は、父ハーツクライ、母メジロツボネ、半兄がグローリーヴェイズなので晩成のイメージだろう。それでもハーツクライ産駒はドウデュースが先週のダービーを制するなど、最近は答えを急ぐPOG期間中でもしっかり動けている。

 ウォーターナビレラで今年の牝馬クラシック戦線を沸かせた武兄弟と“ウマ娘”藤田晋オーナーのトリオで、来年は牡馬クラシック戦線を席巻できるか。

 エゾダイモン以外にも今週末にデビュー予定の注目馬が控えている。

 昨年のPOGで屈指の人気を誇ったコマンドラインの半妹エルダーサイン(牝2歳、美浦・国枝栄厩舎)である。兄は昨年の2歳戦開幕ウイークに勝利を挙げたディープインパクト産駒。秋にはサウジアラビアRC(G3)を制したが、その後は尻すぼみで、結局ダービー出走はかなわなかった。

 父がハーツクライに替わった本馬は、今週日曜の東京芝1600m牝馬限定戦でC.ルメール騎手を背に確勝を期す。“牝馬の国枝厩舎”なら兄以上の活躍があってもおかしくないだろう。調教の動きも上々で、来年の桜花賞(G1)、オークス(G1)を見据えて、初陣を飾れるか。

 確実にロケットスタートを決めるなら、マニバドラ(牡2歳、栗東・森秀行厩舎)を指名するのも手だろう。

 父スパイツタウンの米国産馬で、とにかく2歳馬離れしたスピードが自慢。栗東坂路での1週前追い切りではなんと4ハロン49秒1をマークした。さすがに加速ラップとはいかなかったが、ラスト1ハロンも12秒1でまとめており、初戦からスピードの違いで圧勝する可能性を秘めている。

 デビュー戦は日曜中京の芝1400mで、鞍上は今年21勝とブレーク中の2年目松本大輝騎手。他馬より2kg軽い52kgの斤量も味方に逃げ切りVが濃厚か。1400mを楽々こなせれば、朝日杯フューチュリティS(G1)も視野に入ってくるだろう。

JRA「ドラ1候補」は武豊で今週末デビュー! POGファン注目の2歳戦…ディープインパクトのラストクロップ他、総勢13頭をピックアップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合