NEW

JRA元ダービー馬候補が「鞍上強化」で仕切り直し、降板の元主戦は「申し訳ありませんでした」…春全休撤回で絶対に負けられない戦い

【この記事のキーワード】, ,
JRAダービー馬候補が「鞍上強化」で仕切り直し、元主戦は「申し訳ありませんでした」と謝罪…春全休撤回で絶対に負けられない戦いの画像1
武豊騎手

 史上最多ダービー6勝目を挙げた武豊騎手とドウデュースのコンビが優勝した今年の日本ダービー(G1)。陣営からは、第89代ダービー馬の看板を引っ提げて秋の凱旋門賞(仏・G1)への参戦を表明した。

「武豊騎手と凱旋門賞を勝つのが夢」と公言するキーファーズの松島正昭代表による手厚いバックアップも、レジェンドとしては頼もしい限りだろう。

 クラシック一冠目の皐月賞(G1)で3着に敗れたとはいえ、ドウデュース陣営の武豊騎手への信頼は揺るがなかった。その期待に応えて最高の結果で巻き返した姿に感動したファンも多かったに違いない。

 その一方で、この3歳世代の頂点を決める競馬の祭典への出走を熱望されながら、惜しくも出走が叶わなかったのが、毎日杯(G3)で3着に敗れたドゥラドーレス(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)だ。

元主戦は「申し訳ありませんでした」と謝罪

 タイトルホルダーとスターズオンアースの活躍でブレイク中のドゥラメンテが父、2014年の阪神JF(G1)で1番人気に支持された素質馬ロカが母という良血馬。母系を遡るとディープインパクトを出したウインドインハーヘアの名前もある。

 血統的にもクラシックを期待されたドゥラドーレスは、昨年11月の東京で新馬勝ち。今年1月のセントポーリア賞(1勝クラス・芝1800m)でも、ファンの度肝を抜くパフォーマンスを披露した。

 3馬身差の2着に退けたウィズグレイスは、前走の東京の未勝利戦(芝2000m)を2歳レコードで勝利した相手。それも6馬身差の楽勝だったのだから、そんな馬に圧勝したドゥラドーレスの評価が急上昇したのも無理はない。

 勝ちタイム1分45秒7(良)は、昨年11月の東京スポーツ杯2歳S(G2)を快勝したイクイノックスの1分46秒2を0秒5上回る。開催時期や展開の違いはあれども、クラシック級の期待は、高まる一方だった。

 だが、皐月賞(G1)には向かわず、毎日杯(G3)から日本ダービーを目指すローテーションを選択したことで運命の歯車が変わったかもしれない。優先出走権を持たないドゥラドーレスがダービーに出走するためには、ここでの賞金加算が至上命題。最低でも2着に入る必要があった。

 ところが、いざレースが始まると鞍上の戸崎圭太騎手は、進路を確保できないまま、最後の直線を迎えてしまい、次から次へと他馬に阻まれて追い出しが遅れて脚を余すような格好で3着。結果的にも、逃げたピースオブエイトがそのまま押し切った展開だけに、ネットの掲示板やSNSなどでは、戸崎騎手の騎乗を責める意見も出た。

JRA元ダービー馬候補が「鞍上強化」で仕切り直し、降板の元主戦は「申し訳ありませんでした」…春全休撤回で絶対に負けられない戦いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合