NEW

JRA安田記念(G1)ソウルラッシュ、イルーシヴパンサーはどちらがモーリスの再来? マイル王と比較してわかった未知の可能性とは

【この記事のキーワード】, ,

JRA安田記念(G1)ソウルラッシュ、イルーシヴパンサーはどちらがモーリスの再来? マイル王と比較してわかった未知の可能性とはの画像1

 今週は春競馬の山場となるマイル王決定戦・安田記念(G1)が行われる。天皇賞・春(G1)から始まった6週連続G1レースもここで一段落となるが、ファンとしてはしっかり的中させて月末のグランプリ宝塚記念(G1)へ備えたいところ。

 だが今年の安田記念は、ここ数年では見られなかったような混戦模様だ。昨年はグランアレグリア、一昨年はアーモンドアイと2着に敗れはしたが、馬券の軸として信頼に足る圧倒的な実力馬がいた。ゆえに比較的予想しやすいレースでもあった。

 しかし今年はどうか。1番人気が想定されるシュネルマイスターは、実績こそあるものの、ドバイで大敗を喫しており、復帰初戦のここでどこまで状態を取り戻しているか不透明な部分もある。また外国産馬ということもあり、その成長力を疑う声も少なくない。

 他にも3歳馬ながら挑戦を表明したセリフォス。ヴィクトリアマイル(G1)で上位に好走したファインルージュ、レシステンシア、ソングラインの牝馬。そしてサリオスやホウオウアマゾン、カラテ、ナランフレグ、ダノンザキッド、さらにはフェブラリーS(G1)を連覇しているカフェファラオなど魅力的なメンバーが揃ったが、決定的な馬は見当たらない。

 その中で新たなマイル王として期待を集めているのが、現在ともに4連勝中のイルーシヴパンサーとソウルラッシュである。

4連勝の新星マイラーの「モーリス度」は?

 

 イルーシヴパンサーは昨年6月からの4連勝で今年の東京新聞杯(G3)を制覇。ソウルラッシュも昨年12月から4連勝でマイラーズC(G2)を制するなど勢いに乗っている4歳馬。この安田記念を勝利すれば、条件戦から一気に5連勝でG1制覇の偉業となる。

 この2頭と重なるのが2015年に4連勝で安田記念を勝利したモーリスだ。モーリスは現2勝クラスからダービー卿CT(G3)まで3連勝を達成し、G1初挑戦となる安田記念を勝利。その後はマイルCS(G1)、香港マイル(G1)、チャンピオンズマイル(G1)、香港C(G1)、天皇賞(秋)(G1)と国内外で活躍し、日本を代表する名馬として歴史に刻まれた。

 今回の安田記念に挑むイルーシヴパンサーとソウルラッシュは、果たしてモーリス級の実力馬なのだろうか。そこでモーリスとこの2頭を比較してみると、安田記念の結果に大きく影響するであろう意外な事実がわかった。


■3頭の連勝中の成績

モーリス
ダービー卿CT(G3)      芝1600  良1.32.2 上がり33.0
スピカS(3勝クラス)      芝1800  稍1.50.2 上がり33.8
若潮賞(2勝クラス)        芝1600  良1.33.7 上がり34.6

イルーシヴパンサー
東京新聞杯(G3)    芝1600    良1.32.3 上がり33.1
ノベンバーS(3勝クラス)芝1800    良1.46.1 上がり34.0
鷹巣山特別(2勝クラス)  芝1600    稍1.35.2 上がり33.6
3歳以上1勝クラス            芝1600    良1.32.0 上がり33.8

ソウルラッシュ
マイラーズC(G2)    芝1600  稍1.33.3 上がり34.1
春興S(3勝クラス)   芝1600  重1.34.1 上がり35.8
クリスマスC(2勝クラス)芝1600  稍1.34.1 上がり34.5
3歳以上1勝クラス      芝1600  良1.33.6 上がり34.0

JRA安田記念(G1)ソウルラッシュ、イルーシヴパンサーはどちらがモーリスの再来? マイル王と比較してわかった未知の可能性とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合