NEW

JRA【鳴尾記念(G3)予想】福永祐一×ジェラルディーナは余裕の切り! 特大穴馬を指名で万馬券を狙い撃つ!

【この記事のキーワード】, ,

JRA【鳴尾記念(G3)予想】福永祐一×ジェラルディーナは余裕の切り! 特大穴馬を指名で万馬券を狙い撃つ!の画像1

 今回は春のグランプリ宝塚記念(G1)へ向けたステップレース、鳴尾記念(G3)を予想していく。

 先週だが、まず日本ダービー(G1)は△→○→◎と順番が逆な気はするが的中。やっとG1で的中を出せて何よりだった。ドウデュースとイクイノックスのワンツーだったのでアスクビクターモアが7番人気と人気していなくてもさほどの配当でなかったのは致し方ないか。1番人気ダノンベルーガはクビだけ3着以内に及ばず。このクビ差が「ダノンの呪縛」なのかもしれない。

 一方、続く12Rに組まれていた目黒記念(G2)はボッケリーニこそ来てくれたが、2着のマイネルウィルトスと3着のウインキートスがノーマーク。マイネルウィルトスは買うと来ず、買わないと来る典型的な厄介者になってしまった。

 さて、予想に戻ろう。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていく。昨年だけ開催日程は変わらず開催場が中京になっているが、今年も同舞台で行われるのでデータには組み込む。
新潟大賞典 7頭
大阪杯(G2時代含む)、都大路S(L、OP) 各4頭
天皇賞・春 3頭
ヴィクトリアマイル、中山記念 各2頭
有馬記念、日経賞、京王杯SC、小倉大賞典、大阪城S(OP)、福島民報杯(OP)、条件特別(3勝クラス)、海外遠征 各1頭
となっている。中3~4週と手頃な間隔が空くせいなのかローカル重賞の新潟大賞典組が最多だ。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-4-0-4
2番人気 2-1-1-6
3番人気 2-0-1-7
4~6番人気 2-1-5-22
7~9番人気 1-4-1-24
10番人気以下 1-0-2-29
勝ち馬は人気順関係なくどこからでも万遍なく来ている印象だが、2着の数でいくと1番人気と7~9番人気の中穴クラスの馬が多く、軸で買うならこのあたりが狙い目か。近5年で見ても1番人気は1勝2着3回と信用できる。昨年は人気馬が全部飛んで3連単63万馬券と穴が開いたが、全体の傾向で見ると例外と言える。ただし、昨年は中京開催であり、今年も引き続き中京開催となっていることを考えると、昨年の再現もあり得るので注意は必要だろう。


 これを踏まえて「◎」は10番ヤシャマルとする。

 前走は新潟大賞典(G3)。1000m58.5秒とやや速めのペースで流れ、直線で前に残った勝ち馬を追い込むも届かず3着となった。

 キャリア20戦のうち15戦が左回りコースという偏った戦歴の持ち主。そのせいもあるとは思うが、オープン入りまでは左回りに良績が残っている。昨年6月にオープン入りして重賞を使われてきたが、3走前まではさっぱりの成績。ところが2走前の日経新春杯(G2)で思い出したかのように人気薄で3着に好走してみせ、続く前走も3着と新潟・中京という左回りコースの重賞で好走している。

 前走まではハンデ戦で54kgと斤量に恵まれてきたが、今回は別定戦ということで重賞勝ちはないが2kgもらって56kgと増える。とは言え、57kgで勝利したこともあるのでカンカン泣きはしないであろう。ローテーションと近2走の覚醒ぶりは目を見張るものがある。ここでの好走にも期待出来るだろう。

JRA【鳴尾記念(G3)予想】福永祐一×ジェラルディーナは余裕の切り! 特大穴馬を指名で万馬券を狙い撃つ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合