NEW

JRA【函館SS(G3)展望】電撃6ハロン戦で「サクラバクシンオー」の血が騒ぐ!? 「快速逃げ馬」ビアンフェVS「278万馬券使者」キルロード!

JRA【函館SS(G3)展望】電撃6ハロン戦で「サクラバクシンオー」の血が騒ぐ!? ビアンフェVSエントシャイデン「兄弟対決」に278万馬券使者も乱入!の画像1
ビアンフェ

 安田記念(G1)が終わると、サマースプリントシリーズが開幕。中央競馬に本格的な夏シーズンが到来する。その先陣を切るのが、12日に行われる函館スプリントS(G3)だ。

 北の大地で行われる電撃の6ハロン戦には、毎年のように短距離血統の快速馬がそろう。もちろん今年も例外ではない。特に注目したいのが現役時代に名スプリンターとして鳴らし、種牡馬としても数々のスピード馬を輩出したサクラバクシンオーの血を持つ馬たちだ。

 1月にJRA現役最後のサクラバクシンオー産駒ダイシンバルカンが抹消され、直仔は中央のターフを去ったが、父の父や母の父として今も存在感を放っている。今年の函館SSにはそんなサクラバクシンオーの血を持つ馬も何頭か出走を予定している。

 サクラバクシンオー産駒のルシュクルを母に持つビアンフェ(セ5歳、栗東・中竹和也厩舎)は、距離万能のキズナ産駒で、スプリント重賞3勝の実績を持つ快速逃げ馬。函館2歳S(G3)と札幌開催の昨年の当レースを逃げ切っており、洋芝では無類の強さを誇る。オーシャンS(G3)3着からの参戦は、昨年と同じ臨戦過程。今回も藤岡佑介騎手を背にテンから飛ばしていくだけだ。

 そのビアンフェの最大のライバルになり得るのは同じく母の父がサクラバクシンオーというキルロード(セ7歳、美浦・田村康仁厩舎)である。

 前走の高松宮記念(G1)では17番人気の低評価を覆し、「クビ+ハナ」差の3着に激走。三連単配当は278万円超という大波乱の立役者となった。

 デビュー当初は芝2000m前後の中距離でも好走していたが、ダート中距離を経て、5歳春に芝スプリントに転向。するとそれまで1勝クラスを勝ち切れなかった馬が1年4か月ほどの間に5勝を挙げ、完全に本格化した。

 前走後は放牧に出ていたが、5年ぶりとなる北海道で実戦復帰。前走がフロックではなかったことを証明するためにも、そしてスプリンターズS(G1)への挑戦権を得るためにもここでの賞金加算は至上命題だ。

 もちろんサクラバクシンオーの血を持たない馬にもチャンスがある。

JRA【函館SS(G3)展望】電撃6ハロン戦で「サクラバクシンオー」の血が騒ぐ!? 「快速逃げ馬」ビアンフェVS「278万馬券使者」キルロード!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合