NEW

JRA「後ろからは何にも来ない」春二冠合計18馬身差、史上初“幻の三冠牝馬”を襲った悲劇……スターズオンアースの三冠は47年ぶりに幻となるのか

【この記事のキーワード】, ,
JRA「後ろからは何にも来ない」春二冠合計18馬身差、史上初幻の三冠牝馬を襲った悲劇……スターズオンアースの三冠は47年ぶりに幻となるのかの画像1
スターズオンアース

 先月29日の日本ダービー(G1)ではドウデュースが勝利し、これで3歳世代の戦いはひと段落。ただ一方で、クラシックで戦った3歳世代に関しては、あまり歓迎できない話題が散見している。

 今年の日本ダービー出走馬では、ジオグリフとマテンロウレオの骨折が判明、2着に好走したイクイノックスも脚部に大きなダメージを負っていることが報じられた。

 こうした故障の話題は牡馬だけに留まらず、牝馬では二冠を達成したスターズオンアースの骨折が判明してしまった。

 スターズオンアースはオークス(G1)を制覇した後、外厩先である宮城県の山元トレセンへ移動。そこで受けた検査で右前脚の剥離骨折が発覚した。この段階では軽症の診断であり秋の三冠挑戦には問題ないと思われていたが、美浦トレセンで受けた精密検査では左前脚にも同様の骨折を負っていることが判明、予後を考えて手術を受けることとなった。

 幸いにも2日に受けた手術は無事に完了したようだが、術後が良好でも全治3か月は要するという診断。復帰は早くても9月ごろであり、三冠のかかる秋華賞(G1)が行われる10月半ばに間に合うかどうかは不透明な状況にある。

 仮に秋華賞に出走できたとしても、本来のパフォーマンスを発揮できるとは限らない。昨年のオークス馬・ユーバーレーベンはレース後に屈腱周囲炎を発症、軽症であったために秋華賞への出走は叶ったが、前哨戦を使うことができなかった。レースでは5か月というブランクや脚部不安による仕上がり不足が影響したのか、本来の走りは見せることができず13着に敗れてしまっている。

 スターズオンアースの父であるドゥラメンテは皐月賞(G1)、日本ダービーの二冠を達成したものの、後に両前脚の骨折が判明し三冠挑戦は幻に。翌年春に復帰を果たすものの再び故障を発生し、4歳での引退を余儀なくされている。

 父と同じく、二冠達成後に判明した両前脚の骨折。父を彷彿とさせる圧巻の末脚で春二冠を達成したスターズオンアースであるが、脚部不安という弱点までも父から譲り受けてしまったようだ。

47年前、テスコガビーの悲劇

 

 ファンとしては無事に秋華賞へ出走してほしい限りだが、仮に牝馬二冠を達成しながらも三冠目の挑戦が叶わないとなると実に2度目の例となる。長い日本競馬の歴史の中でも「幻の三冠牝馬」は唯一の存在であり、それは47年前のテスコガビーまで遡る。

 テスコガビーは桜花賞で史上唯一、10馬身以上の差があったことを示す「大差」で勝利を収めた馬であり、そのタイム差は1.9秒。あまりの圧勝ぶりに「後ろからは何にも来ない!」と3度も繰り返した杉本清アナウンサーの名実況は語り草となっている。

 テスコガビーは続く4歳牝馬特別(現フローラS)こそ3着に敗れたものの、オークスでは圧巻の8馬身差での逃げ切り勝ち。史上5頭目となる牝馬クラシック二冠を達成した。

JRA「後ろからは何にも来ない」春二冠合計18馬身差、史上初“幻の三冠牝馬”を襲った悲劇……スターズオンアースの三冠は47年ぶりに幻となるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合