NEW

JRA被害者イルーシヴパンサー「1番人気」に陣営も嘆き節!?“当確”シュネルマイスターから一転…レース直前の「逆転劇」は何故起きたのか

 

JRA被害者イルーシヴパンサー「1番人気」に陣営も嘆き節!?当確シュネルマイスターから一転…レース直前の「逆転劇」は何故起きたのかの画像1
イルーシヴパンサー 撮影:Ruriko.I

「1番人気はいらない。1着だけ欲しい」

 1997年の日本ダービー(G1)で伏兵サニーブライアンを二冠に導いた大西直宏騎手の名言だ。だが、あれから25年が経った今年、まさかこのような形で再び日の目を見るとは誰が予想できただろうか。

 今年のG1戦線は、まさに「1番人気はいらない」である。

 5日、東京競馬場で行われた春のマイル王決定戦・安田記念(G1)は、4番人気のソングラインが勝利。昨年のNHKマイルC(G1)をハナ差で敗れたシュネルマイスターとの叩き合いを制し、待望のG1初制覇を飾った。

 その一方、今年のG1戦線を支配している“ジンクス”に飲まれてしまったのが、1番人気のイルーシヴパンサー(牡4歳、美浦・久保田貴士厩舎)である。

 昨年、エフフォーリアが勝った皐月賞(G1)で10着に敗れた後、仕切り直しとして新たな主戦・田辺裕信騎手を迎えたイルーシヴパンサー陣営。マイル路線に舵を切ると、その策がピタリとハマり東京新聞杯(G3)を含む4連勝で、一気に安田記念の有力候補に浮上した。

 しかし、最終的にこの馬が1番人気に推されることを予想できたファンは多くなかったようだ。

イルーシヴパンサーの1番人気は、あのジンクスのせい?

 

JRA被害者イルーシヴパンサー「1番人気」に陣営も嘆き節!?当確シュネルマイスターから一転…レース直前の「逆転劇」は何故起きたのかの画像2
シュネルマイスター 撮影:Ruriko.I

 実はレース直前まで、1番人気は昨年のNHKマイルCを制し、秋のマイルCS(G1)でも2着したシュネルマイスターだった。昨年、グランアレグリアやダノンキングリー、インディチャンプなどのマイルG1馬が一斉に引退した中、大手競馬ポータルサイト『netkeiba.com』を始め、数多くのメディアが本馬の1番人気を予想していた通り、極めて順当な人気だったはずだ。

 ところがレース当日15時を回り、いよいよ本番が近づくにつれ、シュネルマイスターとイルーシヴパンサーの単勝オッズが急接近。最後は、まるで押し出されるかのようにイルーシヴパンサーが単勝4.5倍の1番人気となった。

 これにはネット上の競馬ファンも、レース後にSNSや掲示板などで「は? イルーシヴパンサーが1番人気だったの?」「全然知らなかった、いつの間に」「シュネルマイスターが1番人気だとばかり……」といった困惑の声が続々。

 中には「イルーシヴパンサーが飛ぶのは1番人気になった時点でわかった」という声まであった。

「東京新聞杯で後にヴィクトリアマイル(G1)で2着するファインルージュを負かしていますから、ここでも人気になると思っていましたが、まさかイルーシヴパンサーが1番人気になるとは……正直、驚きました。海外帰りのシュネルマイスターが490kgと昨年のマイルCSから10kg増えていましたが、パドックの気配は良かったですよ。

結局、レース直前に代わったみたいですが、もしかしたら1番人気馬に対する買い控えがあったのかもしれません」(競馬記者)

 記者がそう話すのも、今年のG1は何故かずっと1番人気が敗れ続けているからだ。

JRA被害者イルーシヴパンサー「1番人気」に陣営も嘆き節!?“当確”シュネルマイスターから一転…レース直前の「逆転劇」は何故起きたのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合