NEW

JRA福永祐一「届きませんでした」で7億円が紙くずに……。クラシック候補の大本命を襲った立て続けの試練にファンは阿鼻叫喚

【この記事のキーワード】, ,
JRA福永祐一「届きませんでした」で7億円が紙くずに……。クラシック候補の大本命を襲った立て続けの試練にファンは阿鼻叫喚の画像1
池添謙一騎手

 ソングラインの優勝に沸いた今年の安田記念(G1)。見事な手綱捌きで勝利へ導いた池添謙一騎手のエスコートが光った。2着に負かしたシュネルマイスターは、昨年のNHKマイルC(G1)をハナ差で交わされた因縁の相手。約1年越しのリベンジ達成に、池添謙一騎手も「今日も本当によく頑張ってくれた」とパートナーを労った。

 好調の池添謙一騎手は、9RのホンコンジョッキークラブT(2勝クラス・芝2000m)でも4番人気の伏兵ピュアブレンドで快勝。

 だが、その結果、多くのファンが阿鼻叫喚を極めた。

 なぜならこのレースには、単勝オッズ1.2倍に支持されたドゥラドーレス(牡3、美浦・宮田敬介厩舎)が、確勝級の大本命に推されていたからである。

 同馬は、日本ダービー(G1)出走に向けて使われた前走の毎日杯(G3)で、3着に敗れて賞金加算に失敗。一時は秋まで休養という話も出ていた。前走でコンビを組んだ戸崎圭太騎手から福永祐一騎手にスイッチしての出走でもあり、秋に向けて絶対に負けられないレースだったといえるだろう。

クラシック候補の大本命を襲った立て続けの試練

 ただでさえ、前日の土曜に3歳馬が古馬を相手に圧倒的な好成績を収めたことも話題となっており、重賞級の実力馬と目されたドゥラドーレスに人気が集中したのも不思議ではない。

 しかし、まさかの3着に敗れた結果は、「競馬に絶対はない」という格言を痛感させられるものだった。

JRA福永祐一「届きませんでした」で7億円が紙くずに……。クラシック候補の大本命を襲った立て続けの試練にファンは阿鼻叫喚の画像2
福永祐一騎手

「スタートからある程度(気持ちを)乗せていきました。スローペースで縦長の展開の中、最後は地力だけで走っていましたが、届きませんでした」

 レース後のコメントで福永騎手がそう悔やんだように、7頭立てで行われたレースは、前半1000mの通過が63秒6という超が付くほどのスローペース。後ろ過ぎる位置取りが仇となったドゥラドーレスも、前の馬を捕まえるまでには至らなかった。

 そして、この敗戦に納得がいかなかったファンの怒りの矛先が、道中で後方待機策を選択した福永騎手へと向いたのもまた、当然の成り行きだったかもしれない。

JRA福永祐一「届きませんでした」で7億円が紙くずに……。クラシック候補の大本命を襲った立て続けの試練にファンは阿鼻叫喚のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合