NEW

JRA「強いです!」戸崎圭太を悪夢再来から救った異次元の末脚。アーモンドアイ、アパパネの国枝栄調教師を驚かせた「規格外の怪物」が秋華賞(G1)へ

【この記事のキーワード】, , ,
JRA「強いです!」戸崎圭太を悪夢再来から救った異次元の末脚。アーモンドアイ、アパパネの国枝栄調教師を驚かせた「規格外の怪物」が秋華賞(G1)への画像1
福永祐一騎手

 大器の明暗が分かれる結果となった。

 5日、安田記念(G1)が開催された東京競馬場に「超大物」と噂されるドゥラドーレス(牡3歳、美浦・宮田敬介厩舎)が登場。春のクラシック出走が叶わなかった大器が、逆襲の秋に向けた仕切り直しの一戦に多くの競馬ファンが熱視線を送った。

 今年1月のセントポーリア賞(1勝クラス)を3馬身差で圧勝し、続く毎日杯(G3)では単勝2.1倍の1番人気に推されたドゥラドーレス。しかし、スタートで大きく出遅れると、最後は上がり最速の末脚で追い上げたものの3着……事態を重く見た陣営は、大事を取って春のクラシック挑戦を断念した。

 あれから約3か月、鞍上を戸崎圭太騎手から福永祐一騎手へスイッチして挑んだ今回のホンコンジョッキークラブT(2勝クラス)。7頭立ての少頭数ということもあって、ドゥラドーレスは単勝1.2倍の大本命に推された。

 しかし、レースは前半の1000m通過が63.6秒というスローペース。折り合いを重視して後方からの競馬を試みたドゥラドーレスだったが、これが完全に裏目に……。最後は上がり最速となる33.0秒の末脚で追い込んだが、超スローだけに前の馬にも33秒前半の脚を使うだけの体力が残っていた。

 結局、ドゥラドーレスはまさかの3着敗戦。秋に向けたプランが大きく狂った敗戦にレース後、福永騎手は「最後は地力だけで走っていましたが、届きませんでした」と言葉を絞り出す他なかった。

 単勝1.2倍の敗戦ということもあって、レース後には福永騎手の騎乗がファンの批判の的となったが、今回は超が付くほどのスローペースを後方から競馬した結果と敗因は明らか。ある意味、後ろからいった時点で「負け確定」と言わざるを得ない敗戦で、次のレースでドゥラドーレスが人気を落とすことはまずないだろう。

ドゥラドーレスが屈した「負け確定」を覆した怪物

 

 しかし、その一方で、そんな「負け確定」という運命を覆した馬がいる。その前日に行われた東京7Rに出走したサリエラ(牝3歳、美浦・国枝栄厩舎)だ。

JRA「強いです!」戸崎圭太を悪夢再来から救った異次元の末脚。アーモンドアイ、アパパネの国枝栄調教師を驚かせた「規格外の怪物」が秋華賞(G1)への画像2
戸崎圭太騎手

「強いです!」

 レース後、鞍上の戸崎騎手が手放しで称賛したのも当然か。舞台はホンコンジョッキークラブTと同じ東京・芝2000m。前半1000m通過タイムは、ドゥラドーレスの63.6秒よりさらに遅い63.8秒。超スローの中、サリエラは9頭中7番手で最後の直線を迎えた。

JRA「強いです!」戸崎圭太を悪夢再来から救った異次元の末脚。アーモンドアイ、アパパネの国枝栄調教師を驚かせた「規格外の怪物」が秋華賞(G1)へのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合