NEW

パチンコ「一撃5,500発」が可能の遊べたスペック!?

【この記事のキーワード】,

パチンコ「一撃5,500発」が可能の遊べたスペック!?の画像1

CR機よりも遊べたスペックのシリーズ機に迫る‼

 現在のパチンコで主軸となっている三洋物産の『海物語』シリーズですが、その源流ともいうべき元祖が『ギンギラパラダイス』シリーズです。最近では『P元祖ギンギラパラダイス』という型式名で発表されていますが、脈々とシリーズ化されています。

 1995年に登場した『CRギンギラパラダイス』がいわゆる元祖であり、後のデジパチ『CR海物語』の基礎を築いてパチンコの市民権を得ました。現在のP機になってもシンプルなゲーム性は、万人に受けてロングランを続けています。

 その「元祖の元祖」である同シリーズは、『CRギンギラパラダイス』の他に現金機の権利モノがあります。同CR権利モノを中々導入できないパチンコ店では、やむなく現金機で代用していました。

 その機種は『ギンギラパラダイスV』です。

 大当り確率は239分の1とデジパチ並みのスペックで3回権利モノ。画面や役モノなどは同CR機と変わりはなかったです。ではCR機とどこが変わっていたのでしょうか。

「一撃5,500発」が可能の遊べたスペック!?

 この機種は3回権利モノなのですが、「出玉変則」の3回権利だったのです。画面で大当りしてVゾーンに玉を入賞して権利発生ですが、その後で盤面下にあるセグで大当りのラウンド数を抽選する仕組みだったのです。

 1回の権利でLならば8ラウンド、Hならば16ラウンドの出玉となります。その振り分けは2分の1です。

パチンコ「一撃5,500発」が可能の遊べたスペック!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合