NEW

JRA桜花賞3着馬の50キロに「反則」の声、夏競馬の名物「3歳馬無双」が函館スプリントS(G3)で猛威

JRA桜花賞3着馬の50キロに「反則」の声、夏競馬の名物「3歳馬無双」が函館スプリントS(G3)で猛威の画像1

 日本ダービー(G1)が終わり、今月4日から2歳新馬戦のスタートと同時に、古馬戦に3歳勢の参戦も始まった。

 2019年に降級制度が廃止されて以降、「夏は3歳馬を狙え!」が新たな格言として浸透しつつある昨今。先週末に行われた平地の3歳馬・古馬混合戦を振り返ってみても、全25レースのうち3歳馬が14勝と他を圧倒していた。

 もっと言えば、その25レースの中には3歳馬の参戦がなかったものも含まれており、3歳馬が出走したレースに絞ると18戦で14勝という驚異的な成績。さらに内訳を見ると、1勝クラスで10勝の固め打ち、2勝クラスで残りの4勝と、下級条件であればあるほど3歳馬の強さが際立つ結果となっている。

 それもそのはず、この時期の1勝クラスとなると、初勝利を挙げてから1年以上も勝ち上がれていない馬が留まっているような状態。そこにフレッシュで伸びしろのある3歳馬が混ざり、それでいて斤量面でも恵まれるとなれば、4歳以上の先輩たちにとっては厳しい戦いとなるのも当然だ。

 ちなみにそれは馬券購入者も同じ。先週14勝を挙げた3歳馬のうち9頭は1番人気で、なんと14頭中13頭が1~3番人気だった。例外の1頭も4番人気ということで、平場戦の波乱を狙う穴党にとっても3歳馬は強大な壁となっている。

 そしてこの「3歳馬の取捨」は今後、重賞でも向き合って行かなければならない重要なテーマとなる。

 先週の鳴尾記念(G3)には3歳馬の出走がなかったが、安田記念(G1)ではセリフォスがあわや馬券内突入の4着と好走。1年前はシュネルマイスターが3着に入ったように、やはり4歳以上の58キロに対して3歳馬の54キロという負担重量の違いは、一線級の戦いの中でも大きな影響を及ぼす。

桜花賞3着馬の50キロに「反則」の声

 そんな中で迎える今週末、函館競馬場で行われる函館スプリントS(G3)において、「3歳馬の斤量」が早くも大きな話題となっている。

JRA桜花賞3着馬の50キロに「反則」の声、夏競馬の名物「3歳馬無双」が函館スプリントS(G3)で猛威の画像2
ナムラクレア

『netkeiba.com』で公開されている予想オッズによると、1番人気濃厚と目されているのが、前走の桜花賞(G1)3着から挑むナムラクレア。同馬は3歳馬の4キロ減だけでなく、牝馬の2キロ減も加わるため、負担重量は登録馬の中で最軽量の50キロ。トップハンデのライトオンキューと比べて8キロも恵まれているのだ。

 ナムラクレアといえば、持ち前のスピードを武器にフェニックス賞(OP)と小倉2歳S(G3)を連勝。2歳戦とはいえスプリント重賞を勝利している実力馬であり、この春もフィリーズレビュー(G2)で2着、さらに距離を延ばしたG1戦でも3着と、牝馬戦線で常に上位の能力を見せてきた。

JRA桜花賞3着馬の50キロに「反則」の声、夏競馬の名物「3歳馬無双」が函館スプリントS(G3)で猛威のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合