NEW

パチンコ新台、ライトミドルで「1500発+α」の神盛スぺック!? あのゴチ装置が究極神化して登場!

【この記事のキーワード】,

 ついに新境地へと到達する。平和は6月吉日、最新パチンコ『P黄門ちゃま神盛2』(製造:アムテックス)の製品プロモーションムービーを公式YouTubeチャンネル「キュインちゃんねる@HEIWA(旧平和チャンネル))にて公開し、大まかなゲーム性を紹介した。

 『黄門ちゃま』と言えば、平和が誇る看板シリーズのひとつで、初代『CR黄門ちゃま2』は今から28年前の1994年に登場。確変突入率3分の1&2回継続のフルスペックタイプで、高い連チャン性とリーチ絵柄で大当り期待度が変化するゲーム性で大ヒットを記録した。

 その後、パチンコ・パチスロ共に多くの後継機がデビューしたことは周知の通りで、2018年には『CR黄門ちゃま~神盛JUDGEMENT~』が誕生。スペックは大当り確率199.8分の1のV-STタイプで、初当り時の50%で突入するST128回の「SUPER神盛RUSH」中に引き当てた大当りは70%で16R約2400個に振り分けられる。

先代の「Wゴチ」システムがさらに進化!

 8月の導入を予定している『P黄門ちゃま神盛2』は、その名の通り『CR黄門ちゃま~神盛JUDGEMENT~』の系譜を継いだマシン。やはり大当り確率199.8分の1のV-STタイプで、初当り時の確変突入率は50%、非突入時に移行する時短30回での引き戻しなどを含めたトータル突入率は約58%となる。

 STは120回で、残保留4個を加味したトータル継続率は約72%。この間の大当りは、先代と同じく70%で10R「SUPER神盛BONUS」に振り分けられるようだ。

 また、本機は先代の「Wゴチ」をさらに進化させた「神ゴチ」装置を搭載している点も大きな特徴のひとつ。動画によると、上部入口に玉が入れば2つの「ゴチ」が開放するようで、SUPER神盛BONUS当選時は玉を“食べて食べて食べまくる”ことで1,500個+αの出玉を得られるという。

 演出についてもシリーズの代名詞と言えるコミカルかつハイテンションな演出を継承。お馴染みの印籠役モノも健在で、様々な場面で活躍すると思われる。

 ちなみに、同社は同日に最新パチスロ『S黄門ちゃま喝2』のプロモーションムービーもアップしている。5号機時代の名機を6.5号機として「復喝」させたこちらも、導入は8月予定とのこと。同時デビューの噂もあるだけに、今夏は水戸藩主とその御一行が、ホールを大いに盛り上げてくれそうだ。

(文=編集部.)

【注目記事】
パチンコ「一撃5,500発」が可能の遊べたスペック!?
理想のパチンコ台を作りたい人は〇〇がお勧め。デザイナーは悩むな、手を動かせ!?【松戸檸檬の人生ちらみせ道中膝栗毛】
【パチスロ攻略情報】5,000枚超が続出の快速AT機…高設定は「〇〇」が選ばれやすい!?

パチンコ新台、ライトミドルで「1500発+α」の神盛スぺック!? あのゴチ装置が究極神化して登場!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • パチンコ・パチスロ
  • 総合